グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46のセンターと「物語」について思うこと

乃木坂46のセンターと「物語」について思うことがあった。

 

 

個人的には、秋元グループのアイドルはフィクションだと思っている。

 

 

秋元氏は作詞家と放送作家で「作家」であるので、秋元グループは秋元氏の作家としてのフィクション(物語)だと思っている。

 

 

乃木坂46は「文化系」で「劇団」を意識している部分が強いようなので、「物語」の要素は強いと思う。

 

 

乃木坂46はセンターやエースやキャプテンやモデルなどのキャラ設定も強めかもしれない。

 

 

乃木坂46は、初期のセンターは生駒里奈さんだったけど、生駒さんは最初からセンターというわけでなかった。

 

 

暫定センターという形で別の辞退したメンバーがいた。

 

 

乃木坂46の初期の「物語」は、当時センターだった生駒さんを中心にしていると思うけど、生駒さんは握手人気で苦戦していたし、キャラ的にも批判的な意見が多かった。

 

 

乃木坂46とAKB48の関わりは最初からあった。

 

 

乃木坂46は「コードネーム」が「シャドー」で、AKB48の「シャドーキャビネット」として存在している設定らしい。

 

 

乃木坂46のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」は、AKB48のリクアワで初披露されている。

 

 

「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲は「会いたかったかもしれない」で、前田敦子さんもMVに参加している。

 

 

渡辺麻友さんとの共演ドラマなどもあったし、その他にも初期の頃からAKB48のメンバーとのドラマやバラエティー番組での共演もあった。

 

 

初期の乃木坂46はHKT48やNGT48やSTU48のように、AKB48の有名メンバーを移籍や兼任にしなかったけど、AKB48のバックアップはかなりあったと思う。

 

 

乃木坂46は、AKB48と同じような握手会や、選抜やセンターなどのシステムを採用しながら、デビュー時からのAKB48のバックアップを受けていたので、別グループとしての独自性があったと言っても、AKB48のファンの兼任も多かったと思うので、少しずつ秋元グループの潜在的ファンを含めてファンの移行もあったと思う。

 

 

乃木坂46のグループとしての人気が出てきたのは、西野七瀬さんがセンターを担当し始めた頃だと思う。

 

 

女子受けやモデル路線が強くなっていた頃に、乃木坂46のブレイク時期が重なるものがある。

 

 

欅坂46は、平手友梨奈さんがセンターで成功したけど、個人的には予想通り5枚目シングルから閉塞感が出始めていると思った。

 

 

乃木坂46は「世代交代の挑戦」にシフトしていると思う。

 

 

3期生の山下美月さん、与田祐希さん、久保史緒里さん、大園桃子さんの4人を中心に、1期生の齋藤飛鳥さん、2期生の堀未央奈さんの6人が、乃木坂46の世代交代の中心人物になると思う。

 

 

ここに3期生2~3人と4期生2~3人と加えると、10~12人になるので選抜コアメンバーが作れると思う。

 

 

新しい乃木坂46は、段階的に構成されてきていると思う。

 

 

欅坂46に力を移行させながら、乃木坂46の世代交代の挑戦を行うと思うし、さらに「けやき坂46」もある。

 

 

乃木坂46の新しい主人公は、大園桃子さんか、4期生だと思う。

 

 

1期生はキャリア的には若手ではないので、難しいところがある。

 

 

2期生もキャリア的には中堅になってきている。

 

 

アイドルは、フレッシュ感が大事な部分があるような気もする。

 

 

3期生の山下美月さん、与田祐希さん、久保史緒里さん、大園桃子さんの4人によって、乃木坂46の新しい物語を始まっていると思うし、その雰囲気は作られていると思う。

 

 

乃木坂46の20枚目シングル「シンクロニシティ」で生駒里奈さんの卒業と、3期生の山下美月さん、与田祐希さん、久保史緒里さん、大園桃子さんの4人の選抜で、2018年秋に「乃木坂46の世代交代の挑戦」が本格的に始まるなあと思った。

 

 

 

 

広告を非表示にする