グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46 『イマニミテイロ』Short Ver.の再生回数の話など

けやき46 『イマニミテイロ』Short Ver.の再生回数などについて思うことがあった。

 

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」が、「けやき46」になっているのが気になった。

 

 

再生回数は微妙かも。

 

 

曲は、作詞を含めてわかりやすい。

 

 

曲は、やや暗めかも。

 

 

「ハッピーオーラ」ではないと思う。

 

 

 

realsound.jp

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

 

高本彩花先生は「よくわからないけど、面白い」と思う。

 

 

高本先生は「謎の構成作家キャラ」で「アシスタント・プロデューサー兼任キャラ」だと思う。

 

 

高本先生は、歌、ダンス、ルックス、トーク、演技、身長、頭脳、人気がすべて「普通キャラ」という秋元グループでは珍しいタイプ。

 

 

秋元氏は「ちゃんとした人になりかった」らしいし、「本当に普通の女の子」は好きだと思う。

 

 

高本先生は、ブログの文才は秋元グループの新人の中では超一流だと思う。

 

 

秋元グループでは、ダンス、トーク、握手の3つが基本になると思う。

 

 

あとは、ブログSNSだと思う。

 

 

最近だと、SR個人配信もある。

 

 

秋元氏が「運」を大事にしているので、秋元グループのメンバーは「運」についてよく考えることが大切になる。

 

 

秋元グループのメンバーは「運力」を強化することが大切になると思う。

 

 

「占いなんて必要ない。よく当たるからさ(笑)」という元ソニーの重役の意見を聞いたことがある。

 

 

 

理系のソニーの高本先生はブログの誤字脱字の量が普通ではなく、いつも大事なところで間違えるけど、コンピューターのプログラムでは「意図的にバグ」を入れて正常に作動するようにすることもある。

 

 

そういう意味では、理系の高本先生は「誤字脱字キャラ」としては、秋元グループの中では最先端だと思う。

 

 

「最先端の握手」という「武器」を持っている高本先生は、センターやエースやリーダーというタイプではないけど、グループを動かす上では重要な「バーターキャラ」だと思う。

 

 

高本先生は、カップリング曲でセンターを担当することもあると思う。

 

 

まあ、高本先生はWセンターでその力を発揮するタイプだと思うけど。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする