グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の今後の「謎」の展開について思うこと(その2)

おそらく2018年は、「2期生のターン」だと思うから、けやき坂46の曲はセンターは2期生が担当すると思う。

 

 

2018年のけやき坂46の曲は、カップリング曲で2曲はあると思うから、そこで少しずつ段階的な「仕掛け」があると思う。

 

 

あくまで、けやき坂46は「アンダーグループ」で「カップリング曲」だと思うけど。

 

 

「(ひらがなけやき)」というのが、ポイントかも。

 

 

たぶん、2期生は12部設定スタートという感じもする。

 

いきなり、2期生を18部設定とかやると、いろいろと危ないと思うし。

 

2期生の中でも12部完売できるメンバーとそうではないメンバーが出てくると思う。

 

予想としては、9人の中で5~6人は12部完売できると思うけど。

 

 

2期生には、漢字欅や乃木坂46からファンが結構流れてくると思う。

 

 

ひらがな1期生は11人中、6人は3次で18~23部完売メンバーという感じ。

 

 

ひらがな1期生は、2018年は勢いが多少落ちるかもしれないけど、そこを耐えれば、2019年後半から、また状況が変わると思う。

 

 

「アンダーグループ」で「カップリング曲」なら、4~6次で18~24部完売メンバーが「適当」だと思う。

 

 

ドラマ「Re:Mind」の『それでも歩いてる』のタイアップを考えれば、けやき坂46の曲で一発当てたいなら、齊藤京子さんがセンターを担当するのは当然という感じだと思う。

 

 

 

AKB48は、ソニー・ミュージックレーベルズの「デフスターレコーズ」に所属していたけど、秋元氏の斬新なアイデアとスピード感に、ソニー側がついていけなかったらしい。

 

ソニーミュージックの担当者が「やっぱり逃した魚は大きかったですよ」と語っているらしい。

 

 

秋元氏は「業界の鮫」と呼ばれていたこともある。

 

 

「業界の鮫」の由来は、「いろんなところで火事が起きたとして、僕が毎回一番燃えているところにいるとする。世間は僕のことを『奇遇だね。いつも最前列で火事を見ているね』と言うが、『これは運などではなく、僕がしょっちゅう火をつけていることに原因』がある。『火がついた時にコントロールしないこと』。どっちに広がっていくかを見る」らしい。

 

 

 

秋元氏は「どこまで仕掛けで、どこまでが偶然か分からないのが、『面白い』」と言っていたと思う。

 

 

「ひらがなの方が、面白い」っていう意見もある。 

 

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」で「カップリング曲」で、「握手要員」で「調整要員」なのかもしれない。

 

 

でも、「調整要員」には、「調整要員のプライドがある」と思う。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

欅坂46の「総合プロデューサー」であり、『欅のキセキ』の「サウンドプロデューサー」でもある秋元康氏か。

 

 

「総合プロデューサー」と「サウンドプロデューサー」か。

 

 

「欅坂46/けやき坂46」の「2段仕込み」かなあ。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

アイドルグループの「CD」に関しては、レコードと同じように「ジャケット買い」や「コレクション」として買う価値もあるのかもしれない。

 

 

秋元グループのCDには、「おまけ」もいろいろとついていることもあるし、それもアイドルのエンタメビジネスとしてはアリなのかもしれない。

 

 

 

けやき坂46の『Re:Mind』にも、いろいろな「プロデューサー」がいるようだ。

 

 

 

秋元グループの「運営」は、ソニーSDのオーディションと育成システムと「欅」の字のように、「複雑で難解」なところがあるのかもしれない。

 

 

秋元氏が「運」を大切にしている部分があると思うので、 秋元グループの「運営」は「運」で「営む」ことが大事なのかもしれない。

 

 

欅坂46は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているらしい。

 

 

世界のソニーグループは「運命の法則」と「運力」の研究を、「CD」を開発した上席常務が行っている。

 

 

世界のソニーグループは、創業者の1人が「エスパー研究室」に関わっていた。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

そういう意味では、「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、「運」は良いかも(笑)。