グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の『それでも歩いてる』のMVの感想など

けやき坂46の『それでも歩いてる』のMVについて思うことがあった。

 

歌唱メンバー

 

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬 愛奈、高本彩花、東村芽依

 

 

個人的には、この曲、かなり好き。

 

 

秋元グループでは、こんな曲はなかなかないと思う。

 

 

MVを見たら、「えっ?何これ(笑)」ってなると思うけど。

 

 

これは、秋元氏の楽曲では、よくあることだと思う。

 

 

「よくわからないけど、面白い」。

 

 

「刺さるコンテンツ」。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

ひらがなの場合は、最初のGWのSR配信から、インパクトがあり、そういうところがあると思う。まあ、もうそういうグループなんだと思うけど。

 

 

けやき坂46の『それでも歩いてる』は、あの「長渕剛さんの曲みたい」という意見もあるらしい。

 

 

秋元氏と長渕さんはいろいろあったと思うからなあ。

 

 

それから、あの「吉田拓郎さんの曲みたい」という意見もあったようだ。

 

 

 

今までの秋元グループで、こんな意見があった曲はあんまりないと思うけど。

 

 

 

「キャラクター(個性)が強く、『人間性』が出ていたから、長い間アーティストとしての影響力を保てた」ということは大事かも。

 

 

 

この曲のセンターは、齊藤京子さんしかできない曲かも。

 

 

ボーカルは、齊藤さん、加藤さん、潮さんが目立つ感じがある。フロントメンバーなので当然という感じもする。

 

 

潮さんのフロントは握手人気とボーカルを考えたら、当然だと思う。

 

 

柿崎さんもこのポジションで良いと思うし。

 

 

影山さんは実は、このポジションが「逆においしい」と思うし、影山さんはプロ意識が高いし、24部完売メンバーにはなれるので、そこまでポジション云々は気にしていないと思うけど。今後、チャンスはいろいろとあると思うし、学業もあるから大変だと思う。

 

 

加藤さんは、フロント固定でも良いと思うけど、2期生が入ると少しわからないかも。でも、加藤さんはある程度は余裕があると思う。インパクトを重視するなら、加藤さんセンターもアリだと思うけど。

 

 

 

けやき坂46の『それでも歩いてる』は、曲とMVのインパクトがすごいし、ドラマのタイアップがあるので、チャンスがあると思う。

 

 

 

この曲とは全然関係ないけど、高本先生は、最近は「評論家キャラ(笑)」になったのだろうか。大丈夫かなあ。

 

 

あと、ひらがなメンバーの一部は、一応「ハッピーオーラ」って言っているけど、「アンダーグループ」だからなあ(笑)。

 

 

 

けやき坂46の『それでも歩いてる』は、良い曲だと思った。