グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46(漢字欅)の「下部組織」になるのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46(漢字欅)の「下部組織」になるのだろうか。

 

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 「アンダーグループ」は、日本語では「下部組織」になるのだろうか。

 

影山さんの好きなサッカーでは、「下部組織」は「育成部門」。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

サッカーだと「下部組織」から「トップチーム」に昇格できるのは、数名だと思う。

 

基本的に「トップチーム」から「下部組織」に降格する例は少ないと思う。

 

 

だから、「ひらがなけやき」から「漢字欅」に昇格できるメンバーは数人で、テスト的な意味があるかも。

 

「漢字欅」から「ひらがなけやき」に移動するメンバーはいないのかも。

 

 

 

ひらがな追加メンバーが加入したので、ソニー的には「アンダーグループ」は「下部組織」で「育成部門」という「新しい挑戦」を行うのだろうか。

 

 

「アンダーグループ」は「下部組織」で「育成部門」だと、追加メンバーも入るし、「コーチ」は必要なのだろうか。

 

 

ソニー系スクール出身の齊藤京子さんは、今のひらがなでは「2番手でエース」という元AKB48の大島優子さんのポジションに近いものがあるけど、GWのSR配信の時は元AKB48の高橋みなみさんに似ているという意見もあったし、総合力ではひらがなでは1番だと思うので、「ひらがなの総監督」なのかも。

 

 

佐々木久美さんは、リーダーポジションでMC役なので、別のポジションだと思う。

 

 

業界的には、「監督」は「ディレクター」なのかもしれない。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしい。

 

 

ソニー系スクール出身の齊藤京子さんは、ひらがなでは総合力は1番の中心メンバーで、歌手志望で女優志望らしいけど、昔の夢は「ダンスの先生」だったらしいし、ブログも話題性があるので、ポジション的には「けやき坂46のクリエイティブ・ディレクター」という感じになるのだろうか。

 

 

 

あれ?

 

 

 

「アンダーグループ」は、「地下グループ」と考えれば、「闇のグループ」と考えることもできる。

 

「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは、「闇」を意図的に使っていると思った。

 

 

「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは、高本彩花さんは目立っていた。

 

高本さんのサイリウムカラーは、「緑と白」。

 

乃木坂46の西野七瀬さんのサイリウムカラーは「緑と白」。

 

高本さんは、なぜか西野さんに歌声が似ている。

 

欅坂46のイメージカラーは、「緑」。あるいは「緑と白」。

 

 

高本さんの「Re:Mind」の制服は、1人だけ「紺と白」だけど、光の加減によっては、「黒と白」に見えることもある。

 

 ソニーのイメージカラーは、「黒と白」。

 

 

高本さんは、秋元グループの新人の中では、感性が良い方で、ブログの文才もある方だと思う。

 

でも、ブログの誤字脱字は秋元グループでトップクラスで、しかも、いつも大事なところで間違える。

 

 

高本さんは、性格は基本的には良い人だと思うし、努力家だと思う。

 

GWのSR配信では「常軌を逸した執念と努力」による超長時間配信で、結果を出している。

 

でも、浮かれて調子に乗ると、信じられないような問題発言をすることもある。

 

GWのSR配信でも、超重課金者の件でやらかしていた。アレは本当に面白かった。

 

 

高本さんは、自分のブログで「ネガティ部」とか「最低な人間です」と言っている。

 

高本さんはGWのSR配信では、候補生番号は「6番」。

 

「けやき坂46」の「6」のメンバーだから、最後のメンバー。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

「けやき坂46」は、「ひらがなけやき」で「子ども向け」で「わかりやすい」部分がある。

 

 

高本さんは、漢字欅オーディション落ちだし、「アンダーグループ」の「ひらがなけやき」専用メンバーなのかも。

 

 

高本さんは、歌もダンスもトークもルックスも身長も「普通」だけど、秋元グループではなかなかいない貴重なタイプだし、ポジション的にはバーターで脇役キャラだったAKB48時代の指原さんに近いものがある。

 

 

秋元氏は、「指原は何もできないし、つまらないんですよ」と言っていた。

 

「けやかけ」のMCの土田さんも似たようなことを言っていた。

 

 

秋元グループは「普通キャラ」は意外と少ないし、秋元氏は「ちゃんとした人になりたかった」らしいので、「普通のリアルな素人キャラ」が好きだと思う。

 

 

 

秋元グループは、「総合プロデューサー」は秋元康氏だけど、他にもいろいろな「プロデューサー」がいると思う。

 

 

AKB48時代の指原さんは、ポジション的には「アシスタント・プロデューサー(AP)」だったのかも。

 

 

今後のアイドルビジネスやエンターテインメント業界は、女性のアシスタント・プロデューサーが意外とおいしいポジションになるかも。

 

 

「けやき坂46」の「候補生番号・6番」の高本さんはポジション的には、「ひらがなの普通キャラ」で「けやき坂46のアシスタント・プロデューサー」なのかも。

 

 

まあ、「アシスタント・プロデューサー(AP)」って「パシリキャラ」だから、「脇役キャラ」の高本さんには向いているポジションだと思う。

 

 

坂道グループは、「パシリキャラ」は、意外といないからなあ。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

なんか顔文字の使い方が微妙な感じもするけど、疲れているのだろうか。

 

 

「ひらがな全国ツアー 2017」のZepp Sapporo公演は、大丈夫かなあ。