グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「裏のグループ」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の「裏のグループ」なのだろうか。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、人気と勢いがある欅坂46の「アンダーグループ」。

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」と読むらしい。「46」の数字が入っていない。

 

秋元グループでは、数字が入ってないグループは珍しい。

 

そして、「ひらがな」のグループは、今は「ひらがなけやき」だけ。

 

 

ややこしいけど、ソニーのSDのオーディションと育成システムは「複雑で難解」と言われているし、秋元氏は「よくわからないものが、面白い」というのが好きらしいので、「けやき坂46(ひらがなけやき)」というグループは「わかりやすい」ような気もする。

 

 

メインは、欅坂46(漢字欅)だと思う。

 

表題曲は、欅坂46(漢字欅)が担当する。「表」。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、「カップリング曲」。「裏」。

 

 

「アンダーグループ」は、「地下グループ」と考えれば、「闇のグループ」と考えることもできる。

 

「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは、「闇」を意図的に使っていると思った。

 

『Re:Mind』は、サスペンスドラマらしいので、「ダーク」な部分があると思う。

 

ソニーのイメージカラーは、「黒と白」。

 

欅坂46のイメージカラーは、「緑」。あるいは「緑と白」。

 

 

けやき坂46の「ひらがなけやき」という曲のサイリウムカラーは「ピンク」らしいけど、ピンクはAKB48のイメージカラー。

 

齊藤京子さんは、ピンクが好きだったような気もする。

 

 

先日の「KEYABINGO!3」での欅坂46(漢字欅)との運動対決では、欅坂46(漢字欅)が「緑と白」の服で、けやき坂46(ひらがなけやき)は「赤とピンク」の服だったと思う。

 

 

けやき坂46は、AKB48の色があるグループだと思うことがある。

 

 

欅坂46の「欅坂」は実在しないし、「欅」という字は「複雑で難解」で、一般的にはわかりにくい。

 

けやき坂46は、「けやき坂」は実在するし、「けやき」は「ひらがな」なので、一般的には「わかりやすい」。

 

 

 

最初は、鳥居坂46から、「けやき坂46」に変更する予定だったらしい。

 

でも、いろいろとあったらしく、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているらしいから、「欅坂46」になったようだ。

 

秋元氏は「運」を大切している。

 

 

欅坂46が「表」。

 

けやき坂46が「裏」。

 

 

でも、「裏」という字をよく見ると、「下半分」に「表」という字が隠されていることがわかる。

 

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」で「裏のグループ」。

 

 

 

欅坂46は、秋元氏も力が入っているので、本命のグループなのかもしれない。

 

 

けやき坂46は、秋元氏の力がうまく抜けている分、本心が出やすいかも。

 

 

「ひらがなけやき」で「アンダーグループ」だから、「ゆるくて、ダサい」。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、裏からじわじわとやれるかも。

 

欅坂46は人気と勢いがあるので、けやき坂46はその「おこぼれ効果」をもらえるし、「バーター効果」もあると思う。

 

実際に、MVの数字に出ている部分があるような気もする。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

昔のAKB48は、「地下アイドルグループ」で「ブス集団」で「ダンスはバラバラ」だったかもしれないけど、「個性」があったと思う。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」で、最初は「ブス集団」で「ダンスはバラバラ」と言われているし、「個性」を売りにしている部分がある。

 

 

それに、けやき坂46は、次世代の坂道グループが弱いと思われるバラエティ番組に強い部分がある。

 

秋元グループは、秋元氏が放送作家出身なので、バラエティ番組は重要だと思う。

 

 

昔のAKB48と、けやき坂46の違うところは、「知性」と「センス」かも。

 

けやき坂46は、「頭脳系メンバー」が多いし、「外国語メンバー」もいるし、学業を大切にしているメンバーが多い。

 

さらに、歌やダンスが上手いメンバーが結構多い。

 

そして、ソニーなのでセンスが良いところがある。

 

 

AKB48は、ソニー・ミュージックレーベルズの「デフスターレコーズ」に所属していたけど、いろいろとあってキングレコードへ移籍している。

 

秋元氏の斬新なアイデアとスピード感に、ソニー側がついていけなかったらしい。

 

ソニーミュージックの担当者が「やっぱり逃した魚は大きかったですよ」と語っているらしい。

 

 

秋元氏は「業界の鮫」と呼ばれていたこともある。

 

高本さんは「魚屋さんの匂いが大好き」で、漁師の娘に生まれたかったらしい(笑)。

 

 

ソニーミュージックは、坂道46グループの発展に未来をかけているらしいので、「リベンジ」がしたいのかも。

 

 

「過去にあったものが、生まれ変わることに大きな意味がある」のだろうか。

 

 

「私たちには、超えなければならない目標がある!」で「革命は宿命」で「運命」。

 

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」なので、「子ども向け」で「わかりやすい」部分がある。

 

坂道グループは、「子ども向け(幼稚園児や小学校低学年)」が弱い部分があるような気もする。

 

モデル系や役者路線が強い乃木坂46や、格好良い系の欅坂46にはできない「ダサくて、ゆるくて、わかりやすい曲」が、けやき坂46にはできるような気もする。

 

 

乃木坂46の白石さんは、「個性」を気にしているようだし、「みんなで歌える曲」がほしいらしい。

 

 

けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」は「あの国民的アイドルグループだったSMAP」の曲に近いという意見もある。

 

 

個人的には、けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」は、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」にパターンが近いものがあると思った。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしいけど、「意外性のあるメンバー」が結構いる感じもする。

 

秋元氏は、「エンターテインメントの基本は、意外性」と言っている。

 

 

一般的には「欅坂46」と「けやき坂46」で、「混乱(カオス)」する可能性がある。

 

「エンターテインメントの基本は、混乱させること」という話を聞いたことがある。

 

秋元氏は、「予定調和を壊すこと」が好きで、意図的に「カオス状態」するのが好きだと思う。

 

秋元グループは人数が多いので、「カオス状態」になりやすい。

 

 

秋元氏は、「『見たことのないものを見たい』という大衆の心理はいつの時代も同じ」と言っている。

 

 

けやき坂46は、秋元グループでは最先端だと思う。

 

 

けやき坂46の主演ドラマ「Re:Mind」は、秋元グループでは12人という少人数なので、異例中の異例の話だと思う。

 

けやき坂46の「ひらがな全国ツアー 2017」のZepp Sapporo公演は、音楽業界では鬼門と言われている札幌で行われる。

 

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」として「新しい挑戦」を行っていると思う。