グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と「バラエティー番組」について思うこと

けやき坂46(ひらがなけやき)と「バラエティー番組」について思うことがあった。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)・メンバー12人(一応1期生)

 

加藤史帆、佐々木美玲、齊藤京子、高本彩花、佐々木久美、潮紗理菜、井口眞緒、柿崎芽実、高瀬愛奈、東村芽依、影山優佳、長濱ねる

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーは、「バラエティー番組」に強い部分があると思うし、「面白い」と評価されることもあるようだ。

 

ひらがなメンバーのバラエティ能力の高さもあるけど、グループとしてはゴリ推しの乃木坂3期生や漢字欅メンバーよりもチャンスが少ないし、ひらがな追加メンバーも入るので、今頑張らないといけない部分があると思う。

 

 

「KEYABINGO!3」での欅坂46(漢字欅)との運動対決では、運動能力が高い加藤さんが活躍していたけど、運動能力が低いと思われる齊藤京子さんもバラエティ的には活躍していた。

 

別に狙っていたわけでもないと思う。たぶん、ガチだと思う。

 

それに、運動能力が低いと思われる齊藤京子さんは、ダンス力はトップクラスなので、バランスも取れているし、意外性もある。

 

加藤さんも意外性がある人で、最近は明らかに勢いがあるし、話題性もある。以前と比べるとブログのヒット率も高いような気もする。

 

 

秋元氏は、「エンターテインメントの基本は、意外性」と言っている。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしい。

 

 

先日の「けやかけ」では、東村さんがトークが上手くいかなかった部分もあったかもしれないけど、まわりのメンバーがサポートやフォローする体制になっていた感じもする。

 

秋元グループは大人数なのでフォローやサポートは結構重要で、AKB48グループでは指原さん、坂道グループでは高山さんと秋元真夏さんが特に上手く、秋元氏からも評価されていると思う。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、グループとしても欅坂46(漢字欅)をサポートやフォローをしないといけないことがあるような気もする。

 

実際に今年の夏のイベントやライブではそういうこともあったと思うし、バラエティ番組でもそうだと思う。

 

でも、サポートやフォローといっても、欅坂46(漢字欅)に対してはガチな部分があるので、プレッシャーをかけたり、対決色が多少出る部分もあると思う。

 

そうでないと、「アンダーグループ」のけやき坂46は、存在価値がないような気もする。

 

 

今後は、ひらがな追加メンバーに対しても、今のひらがなメンバーの一部はサポートやフォローをしないといけない部分があると思うから、大変だと思うけど、結果的にメンバー個人にもグループにも良い影響が出ると思う。

 

 

2018年から、ひらがな追加メンバーが本格的に活動すると思うけど、その時に今のひらがなメンバーの一部が上手くサポートやフォローができれば、来年の今頃はさらに良いグループになっていると思う。

 

2018年は、ひらがな追加メンバーをある程度推さないと加入した意味がないと思う。

 

 

追加メンバーに「ひらがなけやきに加入してよかった」と言われるようになれば、結果的に今のひらがなメンバーの一部にはチャンスと可能性が広がると思う。

 

 

だから、今は「ひらがな全国ツアー 2017」のZepp Sapporo公演と、けやき坂46の主演ドラマ「Re:Mind」を頑張るしかないような気もする。

 

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」で「カップリング曲」だから、面白いと思うし、それに気づいているひらがなメンバーもいるような気もする。