グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の運営の裏側について思うこと

乃木坂46の運営の裏側について思うことがあった。

 

 

こんな記事を書いたけど。

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

最近の運営の情報の流出の件は、どうかなあと思ったけど、スタッフの人も大変なんだろうなあと思った。

 

まあ、初期のAKB48の運営は秋元氏が意図的に予定調和を壊すため、スタッフも「素人集団」にしたという話もあるらしいけど。

 

乃木坂46の運営も現場スタッフはバイトや契約社員なのは、大人数グループだと仕方がないのかも。

 

バイトや契約社員に必要以上のスキルを求めたり、責任を負わせるのは、どうかなあと思うけど。

 

今のAKB48を見ていると、AKSの状況が良いのか疑問があるけど。

 

SKE48もHKT48もスタッフの数がギリギリという話はよく聞くし、SKE48のスタッフの一部は昔はいろいろあった感じだし。

 

秋元グループは、人数が多いからいろいろと難しいこともあると思う。

 

 

乃木坂46の運営は、今はどんな感じなんだろうか。

 

昔は、某ラジオ局のアナウンサーが乃木坂46のスタッフは異様なオーラがあり、近づきにくかったというようなことを言っていた。

 

まあ、音楽業界人だとそういうこともあるのかもしれないけど。

 

現場スタッフは本当に大変だと思うし、入れ替えが激しいのはわかるし、それがメンバーに影響を及ぼすこともあると思う。

 

欅坂46のスタッフもたぶん同じような感じだと思う。欅坂46の方が乃木坂46よりもソニー色が強いらしいけど。

 

 

個人的には、以前のひらがなメンバーの一部のアレを見ていると、本当にアレなんだなあと思うことがある。追加メンバーが入るので、さらに大変だと思うけど。

 

 

ソニーミュージックは、坂道46グループの発展に未来をかけているらしいし、ソニー本社が坂道46グループをエンタメ事業の中核として考えている部分があるらしいけど、いろいろと難しいことがあるのは、なんとなくわかる。

 

 

そうなると、坂道グループ内でアイドル経験があり、人気と実力があり、ある程度結果を出したメンバーで、やる気と適性がある人を「広報役的タレント兼エキスパートスタッフ」としてなんらかの形で養成した方がいいかも。

 

特に企画構成担当スタッフとアイドルパフォーマンス(ダンス、歌、トーク)を指導できる女性のエキスパートスタッフが、今後のアイドルビジネスとエンターテインメント業界では必要な気がする。

 

 

ただ、乃木坂46や欅坂46のメンバーには、その適性があるメンバーがあんまりいないような気もする。

 

特に、企画構成とトークが難しいような気もする。これが強いのが指原さんだと思う。

 

今の坂道グループでは、たぶん秋元真夏さんがその能力が一番高いような気もするけど。でも、歌とダンスが微妙なところがあるかも。

 

指原さんがすごいのは、歌とダンスと身長とルックスが普通だからだと思う。その上で企画構成とトーク能力が高い。まあ、ルックスは好みの話かもしれないけど。

 

 

秋元氏は「普通の素人キャラ」が好きだと思うし、秋元氏は「タレント兼構成作家」。

 

 

秋元氏が企画構成を担当する放送作家出身で、秋元グループはCDを握手会で売っている部分があるので、ブログSNS(企画構成)と、トーク(握手会)は基本だと思うし、その能力が高いメンバーが結果を出しやすい部分があるような気もする。

 

 

今は少し違うけど、昔の乃木坂46は個人主義の色が強いのでチーム感が薄かったし、欅坂46(漢字欅)は選抜人数の多さとグループのイメージの関係で全体的に大人しく個性が薄いような気もする。

 

アイドルプロデューサーを目指すアイドルもいるかもしれないけど、内向きな自分の趣味に近い自己満足だと問題があるし、バランス感覚が大事だし、自分がアイドルとして結果を出した人じゃないと説得力がないような気もする。

 

 

坂道グループでも指原さんに対抗できるメンバーを裏から何人か出した方が、今後のアイドルビジネスを考えると良いかも。

 

 

 

news.infoseek.co.jp