グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46の主演ドラマ「Re:Mind」の舞台の部屋のセットを一部公開

けやき坂46の主演ドラマ「Re:Mind」の舞台の部屋のセットが一部公開された。

 

 

豪華な感じ。

 

やっぱり、このドラマはソニー・エリクソンと秋元康氏が製作したオリジナル動画コンテンツ『Re:Mind』のリメイクなのだろうか。

 

ひらがなけやきで、ソニー・エリクソンのリベンジをするのだろうか。

 

 

「昔あったものに最新のセンスやテクノロジーを組み合わせて表現」するのだろうか。

 

「過去にあったものが、生まれ変わることに大きな意味がある」のだろうか。

 

 

秋元氏は、電気街の秋葉原の劇場の「地下アイドルグループ」だったAKB48を、「ショーケース」と言っていたこともあるらしい。

 

ソニーのけやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」で、秋元グループでは初めて「SHOWROOM」の個人配信のオーディションを行っている。

 

 

昔のAKB48は、クリーチャー系のオタクが集まる秋葉原の劇場公演の「地下アイドル」で、大人数で握手でCDを売るし、世間的には批判が多く「企画モノのブス集団」のグロいグループだったと思う。

 

けやき坂46は、兼任の長濱さんと追加メンバーを除くと、去年のGWのSRオーディションではボロクソに批判されて、合格後はファンの一部から「ブス集団」とか「お荷物グループ」とか「いらない」とか「かわいそう」って言われていた。

 

 

昔のAKB48は、「ダンスがバラバラでダサい」って言われていたと思う。

 

けやき坂46も、「ダンスがバラバラでダサい」って言われていたこともあったと思う。

 

 

昔のAKB48は、正統派アイドルグループではなかったと思う。

 

けやき坂46は、「個性」を大事にしているらしい。

 

 

「アンダーグループ」なので、「地下グループ」で「闇」の部分があるのだろうか。

 

「誰よりも高く跳べ!」と「僕たちは付き合っている」のMVでは、「闇」を意図的に使っていると思った。

 

『Re:Mind』は、サスペンスドラマらしいので、「ダーク」な部分があると思うし、「謎」の部分もあると思う。

 

 

欅坂46の「欅」の字は、ソニーのSDグループのオーディションと育成システムのように「複雑で難解」で、最強の運を持っているらしい。

 

けやき坂46は「ひらがな」だから、わかりやすいけど、けやき坂46(ひらがなけやき)は欅坂46の「アンダーグループ」で基本的には別活動だけど、けやき坂46のメンバーは欅坂46のメンバーでもあり、「複雑で難解」。

 

 

まさに、「革命は宿命」という感じ。

 

 

Netflixでも配信するし、力を入れているのだろうか。

 

ひらがなの場合は、「どちらでもいける点」が強い部分があるような気もする。

 

 

ガチの高本さんがこのドラマの台本を読んで、それなりの感じなので、秋元グループのドラマとしては、「今まで以上に革新的な連続ドラマ」なのかも。

 

 

秋元氏は、芸能界で生き残るアイドルに必要なことは、「例えばお寿司があって、最後にトロとかが一つ残っていたら、それを自分から進んで食べる奴が芸能界では生き残れる。誰かに譲るような性格の者は向いていない」と言っている。

 

 

高本さんは、「フードファイター」になることが夢らしい。

 

 

 

www.keyakizaka46.com