グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46の小林由依さんの「ひらがなは漢字よりすごいグループになっていて絆も強い」の件など

欅坂46の小林由依さんが「ひらがなは漢字よりすごいグループになっていて絆も強い」というようなことをブログで書いていて話題になっているみたいだ。

 

 

そこまで深い意味はないと思うけど。

 

欅坂46の方が、けやき坂46よりもすごいグループだと思うけど。

 

MVの再生回数でも話題性でも人気でも、欅坂46の方が完全に上だし。

 

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

けやき坂46は、Mステや春夏秋冬の大型音楽番組にはそんなに簡単には出れないと思う。追加メンバーも入るし。

 

でも、けやき坂46はこの秋はライブとドラマ出演がある。

 

 

欅坂46(漢字欅)は21人と大人数で、平手さんと今泉さんの体調が微妙な状況なので、難しいこともあると思う。

 

 

ひらがなけやきは、兼任の長濱さんは特別な存在で、追加メンバーを除く11人は秋元グループの初期メンバーとしては人数が少なく、セミプロ系が多く、キャラ的な構成バランスも良かったので、団結しやすい部分があったと思う。

 

 

最初はファンの一部から「ブス集団」とか「ダンスはバラバラでダサい」とか「いらない」とか「かわいそう」とかいろいろと言われていた。

 

漢字欅や乃木坂3期生と比較されたり、「カップリング曲」で人気がまだまだ微妙なところがあるし、メンバー内でくだらない争いをしている場合ではなかったと思う。

 

 

ひらがなだって、これから追加メンバーが入るので、ややこしいことになるかもしれない。

 

 

「ひらがなけやき」は、「チーム」。

 

 「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

「けやき坂46」は、「グループ」。

 

けやき坂46のメンバーも、欅坂46のメンバー。

 

 

ややこしいけど、ソニーのSDのオーディションと育成システムは「複雑で難解」と言われているので、そういうものかも。

 

 

ひらがなメンバーは、「アンダーグループ」で「カップリング曲」なら、個別で18~24部完売で「適当」な部分があるし、「ソロ仕事」と「バーター仕事」と「けやき坂46のグループ仕事」がある。

 

それから、ひらがなメンバーは欅坂46のライブやテレビ番組の「バーター」や「サポート」がある。

 

さらに、「カップリング曲」でもタイアップがつく可能性があるし、「カップリング曲」でも当たる可能性もある。

 

 

「けやき坂46」は、「ひらがなけやき」だから、わかりやすい部分があるような気もする。

 

 

そして、兼任の長濱さん以外の2~3人のメンバーも、欅坂46の表題曲選抜メンバーになれる可能性もあると思う。

 

 

 

www.keyakizaka46.com