グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の19枚目シングル『いつかできるから今日できる』のMステでの初披露の件など

乃木坂46の19枚目シングル『いつかできるから今日できる』のMステでの初披露について思うことがあった。

 

選抜メンバー(19人選抜)

 

西野七瀬・齋藤飛鳥・白石麻衣・堀未央奈・衛藤美彩・生田絵梨花・松村沙友理・井上小百合・伊藤万理華・若月佑美・桜井玲香・生駒里奈・新内眞衣・高山一実・秋元真夏・星野みなみ・北野日奈子・斉藤優里・中田花奈

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

樋口日奈さんは生田さんのアンダーだった。

 

樋口さんはパフォーマンス的に問題があったわけではないけど、やっぱり生田さんの不在は大きいなあと思った。

 

Mステなので、特にそう感じた。

 

生田さんは、忙しいと思うので、フロントに出せない理由があるのかもしれないけど、今回は裏センターでおいしいポジション。

 

 

今の乃木坂46の表題曲から、白石さんと生田さんが抜けた場合はかなり厳しいことになると思った。

 

そのカバーができるのは、3期生の山下さんと久保さんだと思う。運営も投入のタイミングを考えているかも。まあ、2人は2018年には選抜に入ると思うけど。

 

 

衛藤さんのボーカルは、今の乃木坂46の表題曲では重要で、握手人気的にも3列目にはできないと思う。でも、フロントに固定することは難しいかも。

 

 

Mステでは、フロントメンバーの4人が生歌だったみたいだけど、西野さんと白石さんと堀さんは、いつも通りという感じもした。

 

齋藤飛鳥さんのボーカルはかなり微妙だったと思うけど、まわりに引っ張られた感じもする。

 

堀さんは、パフォーマンス的に弱い部分があるのは前からだと思う。

 

 

Mステで生歌で、しかも『いつかできるから今日できる』は曲の難易度が高い感じもする。

 

 

個人的には、あの男性コーラスはいらないと思ったけど。