グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

「乃木坂46の世代交代の挑戦」と「育成システム」の関係について思うこと

「乃木坂46の世代交代の挑戦」と「育成システム」の関係について思うことがあった。

 

 

 

「乃木坂46の世代交代の挑戦」も段階的にやらないと難しいところがあると思う。

 

あんまり過激なことをやると、4期生を早めに入れないと厳しいと思うし。

 

 

3期生は、48000人以上から選ばれた12人なので、それなりに大事に育成しないとまずいと思うし、今までの感じではそれができているところもあるけど、危ない部分もある。

 

3期生は、人気格差が出ている。

 

ゴリ推しされているメンバーもいる。

 

これも秋元グループだとある程度は仕方がないと思う。

 

それに、「3期生チーム」推しをしていると思う。

 

 

 

2期生は、本当に難しいところがあると思うけど。

 

2期生は、キャリア的には中堅だと思うけど、加入のタイミングの関係で育成面で難しかった部分があったと思うし、2期生の能力的な面もあったと思う。

 

 

「2期生チーム」推しはできない部分があると思う。

 

 

2期生は、真面目で努力家の人が多いイメージだけど、アイドルとしてのパフォーマンス(特にトーク)はマニアックできつかったり、やや暗い感じもすることもある。たぶん、これは育成の関係だと思うけど。

 

 

北野さんは、明るいイメージもあるけど、今は体調が微妙な状況だし、昔からモチベーションに極端なところがあったと思う。激ヤセやブログの更新も極端な部分があったし。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

 

2期生は、今からローテーションで全員は選抜メンバーになるのは、かなり難しいと思う。

 

 

乃木坂46の「アンダー」は、「アンダー」という楽曲も作ったし、「アンダーアルバム」も出るので、もうやめた方がいいと思うけど。

 

 

まあ、「アンダーライブ」に代わるものは必要かもしれないけど、アンダーメンバーもソロ仕事もあるし、SR配信だって可能性があると思うけど。

 

 

乃木坂46は、「選抜」と「ユニット」と、「1期生」と「2期生」と「3期生」という感じにした方がいいと思うけど。

 

 

「握手会がメンバーの負担」になっているのかは、よくわからないけど、体調不良の原因になっていることもあると思う。

 

 

それも個人差があるけど。

 

 

いろいろな事情はあるけど、秋元グループは、タイトルや曲も発表されていない段階で、個別握手会の受付が始まることが多いけど、これもよく考えたら、変な話だと思う。

 

 

個人的には、握手人気は大事だと思っている。CDを握手という「おまけ」で売っているので、握手人気が高いメンバーが優遇されるのは、当然だと思う。

 

 

「おまけ」の「握手」が、メインのCDを超えている部分がある。

 

お菓子も「おまけ」がメインになってしまうことがある。

 

アイドルもお菓子の「おまけ」も、「子ども向け」の要素があると思う。

 

 

ただ、アイドルは、人間である。

 

 

別に握手会をなくせというわけではないけど、握手会の依存度が高すぎるのではないかと思うこともある。

 

握手会の依存度が高ければ、トラブルも起こる可能性が高くなると思う。

 

 

個別握手売上の400部以上で、個別握手会免除というのは、個人的にはありだと思うし、それだけではなく、体調不良メンバーの握手会に関してもある程度は考えた方がいいと思う。

 

 

19枚目シングルの個別握手会の1期生の人気メンバーの欠席は、個人的には良いことだと思う。

 

 

秋元真夏さんのブログの件は、なんかいろいろあるみたいだけど、秋元真夏さんだって、ソロ仕事があると思うし、ある程度はわかっていると思う。

 

 

秋元真夏さんは、乃木坂46の超重要メンバーだから、今回の個別握手会は欠席という感じになったと思うけど。

 

 

あのブログの件は内容の変更が問題になっているみたいだけど、その内容がそこまで問題があるのだろうかと思うこともある。

 

 

いろいろな事情があるので、よくわからないし、改変についても内容的にそこまで問題があるのだろうか。

 

 

 

それに、個別がなくても、全握がある可能性がある。

 

 

まあ、その全握もいろいろと大変なこともあるけど。

 

 

ソニーと秋元グループは、社会的な影響力も強いので、いろいろ考えている部分があると思う。

 

 

乃木坂46は「私たちには、超えなければならない目標がある!」だけど、乃木坂46は、「AKB48の公式ライバル」という設定で、コードネームが「シャドー (shadow)」 で、乃木坂46は「AKB48のシャドーキャビネット(影の内閣)」として存在しているらしい。

 

 

だから、「国民的アイドルグループ」のAKB48を超えてはいけない部分もあるのかもしれない。

 

 

乃木坂46も欅坂46も、同じ秋元グループとしてAKB48グループには初期の頃から仕事などで、いろいろとお世話になっている部分があるし、それはほとんどの坂道46グループのメンバーはわかっていると思うけど。

 

 

問題は、AKB48グループに対して、過度に失礼な坂道46グループのファンの意識の方なのかも。