グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

「けやき坂46」は、「NHK紅白歌合戦」に出ることはできるのだろうか

「けやき坂46」は、「NHK紅白歌合戦」に出ることはできるのだろうか。

 

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

この2つの考え方を融合すると、「けやき坂46」のメンバーの1~2人は「NHK紅白歌合戦」に「セミプロ観客役」として出れる可能性があるような気もする。

 

 

秋元グループと世界のソニーの力で、裏から「紅白の観客席」を1~2つゲットできないだろうか。

 

 

「セミプロ観客役」として、「映りこめる」かも。

 

つまり、「映り込みの女王」になれるかも。

 

 

「レア感」は大事だと思う。

 

 

「仕掛け」を作れば、面白いと思うけど。

 

 

秋元グループって、「ウォーリーを探せ!」的な部分があると思うけど。

 

 

よく考えてみたら、秋元グループって、紅白では「ガヤ要員(盛り上げ役)」的なところがあると思う。

 

秋元グループって、人数が多いから、「テレビに映る」が、時間が短いと思う。

 

 

それでも、その経験が役に立つこともあるし、人気につながることもある。

 

 

 

欅坂46は、「過剰競争」は、「時代遅れ」だと思う。

 

もちろん、「競争の要素」は、必要だと思うけど。

 

 

今の「けやき坂46」のメンバーは、「アンダーグループ」で、坂道グループの「サポートメンバー」だと思う。

 

 

これは、秋元グループでは、「新しい挑戦」だと思うけど。

 

 

「けやき坂46」のメンバーは、欅坂46の「一部」になりながら、「けやき坂46」としての活動ができるわけで、これは「おいしいグループ」だと思うけど。

 

 

個人的には、「乃木坂46の世代交代の挑戦」で、「アンダー」という制度はもうやめてほしい。

 

 

「アンダーアルバム」で、そろそろそういうことも考えてほしいけど。

 

 

今後の乃木坂46は、「選抜」と「1期生」、「2期生」、「3期生」の「チーム制」の方が良いと思う。

 

 

たぶん、運営はいろいろ段階的に考えていると思うし、真面目に頑張っているメンバーを見捨てるようなことはしないと思う。

 

 

そして、坂道グループを「下から支える」のが、「アンダーグループ」の「けやき坂46」になるような気もする。

 

 

「アンダーグループ」なので、「下部組織」で、「育成部門」と考えるなら、「欅坂46(20~21人選抜)」に昇格・兼任できるのは、最初は1~2人だと思う。

 

 

「けやき坂46」のあとのメンバーは、人気と実力と適性とやる気があれば、アイドル卒業後は、とりあえず、エンターテインメント業界の「ひらがなけやき」の「育成スタッフ候補生(バイト)」になればいいかも。

 

 

たぶん、女性の「エキスパートスタッフ」が足りていないと思う。

 

 

そういう「保険」があっても良いと思う。

 

 

女性アイドル経験者の「タレント兼構成作家ポジション」が、未来のエンターテインメント業界では、意外と「おいしいポジション」になりそうな気もする。

 

 

そのためには、新人アイドルは「握手要員」と「ブログSNSネタ職人」が、基本だと思う。

 

ここで結果を出した人は、人気が上がりやすいし、「努力をすれば、報われること」もあると思う。

 

 

そこには、「感謝」と「ユーモア」が必要だと思う。

 

 

これが、アイドルの基本かもしれない。

 

 

「性格」と「個性」が大事だと思う。

 

 

「アンダーグループ」は、秋元グループの「最後の場所」で、あり続けてほしい。

 

 

そして、「知性と品と意外性のある新しい挑戦」をやり続けてほしい。

 

 

それが、世界のソニーグループの「エンターテインメント事業」の「未来」の「発展」につながると思う。

 

 

「けやき坂46」は、「グループ」。

 

欅坂46の「アンダーグループ」は、「けやき坂46(ひらがなけやき)」。

 

「ひらがなけやき」は、「チーム」。

 

 

そして、「けやき坂46」のメンバーも、欅坂46のメンバー。

 

 

ある意味では、長濱さんと追加メンバーを除く今のひらがなメンバーの11人は、「4つの肩書き」を「裏兼任」していると思う。

 

 

秋元氏の職業は「いろいろ」あると思うから、それを真似すれば良いと思うけど。

 

 

「タレント兼構成作家ポジション」かも。

 

 

これからの時代は、「肩書き」と「副業」と「保険」が大事かも。

 

 

ソニーのSDグループのオーディションと育成システムは、「複雑で難解」と言われている。

 

 

「欅」の字は、「複雑で難解」。

 

 

「けやき坂46」は、「ひらがなけやき」だから、「わかりやすい」(笑)