グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「下部組織」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「下部組織」なのだろうか。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

一応、兼任の長濱さんが、欅坂46に途中加入する過程でできたグループと言われている。

 

 

秋元氏と運営は、乃木坂46の2期生の「育成」が微妙だったことを気にしているという話を聞いたことがある。

 

そして、乃木坂46の「アンダー」は、悲壮感が強い。

 

その関係で、欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)が作られたともいわれている。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

乃木坂46の「アンダー」とは違うと思う。

 

 

乃木坂46は、「選抜」と「アンダー」と「3期生」。

 

 

AKB48グループでも、「アンダー」はある。

 

AKB48グループの場合は、基本的には選抜メンバーの「アンダー」と、劇場公演の研究生の「アンダー」という2つの意味がある。

 

 

欅坂46と、けやき坂46(ひらがなけやき)。

 

 

「アンダーグループ」は、秋元グループでは、けやき坂46(ひらがなけやき)しかない。

 

「アンダーグループ」を日本語にすれば、「下部組織」になるのかもしれない。

 

 

AKB48グループのドラフト2期候補生で、ブログも話題性があり、歌もダンスもトークも上手く、学業も大切にしている頭の良い影山優佳さんは、「サッカー」が好き。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

サッカーでは、「下部組織」は、「育成部門」になると思う。

 

 

今のひらがなけやきメンバーは、歌とダンスとトークが上手いメンバーが多く、バラエティにも強いメンバーがいる。

 

「学業」を大切にしているメンバーも多いと思う。「外国語メンバー」もいる。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

けやき坂46の追加メンバーは、若い「素人系」のメンバーが多く、「育成」は大事だと思う。

 

ソニーのSDの育成システムとオーディションは、複雑で難解と言われている。

 

 

ただ、スタッフの数は足りているのか疑問がある。

 

今のひらがなメンバーの一部が、スタッフ的な仕事をある程度はやらないといけないのかも。

 

もちろん、それにも人気と実力と適性が大事だと思うけど。

 

 

「アンダーグループ」が、「下部組織」で「育成部門」なら、そういうことになるのかもしれない。

 

 

「アンダーグループ」は、「握手要員」で「調整要員」だと思う。

 

 

けやき坂46は、「カップリング曲」だし、グループの人気も欅坂46に比べたら、かなり微妙。

 

これは、グループの構造の関係で仕方がないと思う。

 

漢字欅メンバーや乃木坂3期生の一部が推されるのは、仕方がないと思う。

 

乃木坂46は、「乃木坂46の世代交代の挑戦」があるので、その中心メンバーになる3期生を推すのはわかる。

 

欅坂46は、秋元氏が平手さんがお気に入りで、力が入っている。

 

秋元氏もソニーも、欅坂46に力が入りすぎだと思うけど。

 

欅坂46は、21人選抜で多すぎる。

 

「平手さんとその他いろいろ」になってしまうのは、仕方がないかも。

 

格好良い曲が多いけど、暗い感じもする。

 

欅坂46は人気があるけど、センターの平手さんとエースの1人である今泉さんは体調が微妙な状況。

 

坂道グループは人気があるけど、体調不良のメンバーが増えている。

 

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」だけど、ソニーで秋元グループなので恵まれている。

 

AKB48は、「芸能学校」を意識していたこともあったようだ。「部活」があった。

 

けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」は、「部活」を意識している部分もあった。

 

 

ソニー系スクール出身で、人気メンバーの齊藤京子さんは、ブログでは「ラーメン部」が話題性があり、歌手と女優志望だけど、昔の夢は「ダンスの先生」だったらしい。

 

 

「アンダーグループ」は、「下部組織」で「育成部門」。

 

 

欅坂46は、「性格」を大事にしているらしい。

 

けやき坂46は、「個性」があるといわれている。

 

 

AKB48が「劇場」で、乃木坂46が「劇団」。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしい。

 

そして、「新しい挑戦」を行っている。

 

 

乃木坂46は、「私たちには、超えなければならない目標がある!」。

 

欅坂46は、「革命は宿命」。

 

 

けやき坂46は、秋元氏がAKB48ではできなかったことをやるのかもしれない。

 

 

2018年秋以降の秋元グループ内での「アイドルの世代交代」に向けて、「役者」は揃った感じもする。

 

2020年の東京オリンピックと、エンターテインメント業界か。

 

まさに、これは「運命」。

 

秋元グループ内で、「グループ対決」になっていると思う。 

 

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」だけど、最高に面白いグループだと思う。

 

 

高本彩花さんは、「普通の素人キャラ」で、「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」。

 

 

高本さんは、秋元グループでは「究極のネタキャラ(笑)」だから、本当に面白い。