グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーは、どうなるのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーは、どうなるのだろうか。

 

配信期間は、8/8(火)〜8/11(金)なので、4日間しかない。

 

まあ、4日あれば、人気やキャラの一部はわかる部分がある。

 

でも、4日でしかも配信時間が短めなので、濃いファンを形成するのは一部のメンバーを除くと難しいと思う。

 

だから、簡単には握手人気は上がらないと思うけど。

 

8月13日(日)が最終審査で、その場で合格発表という感じだろうか。

 

その後は、レッスンがあると思う。

 

約2ヶ月は表には出てこないかも。

 

去年の乃木坂3期生の動きが参考になるかも。

 

あと、学業の関係もあるので、そんなに派手には動けないと思うけど。

 

まあ、グラビアに多少出る感じと、「けやかけ」に1回出るかという感じかも。

 

そもそも、今のひらがなメンバーだって、そんな感じだし。

 

しかも、ひらがなは「アンダーグループ」だし、「カップリング曲」。

 

 

9月26日(火)の「ひらがなけやき全国ツアー2017」のZepp Sapporo公演で、そこで挨拶くらいはあるかも。

 

秋に発売されると思われる5枚目シングルには、楽曲で参加するのか微妙なところ。

 

でも、握手会には参加しそうな気もする。

 

冬のコンサートで、本格的にお披露目という感じだろうか。

 

それでも、1曲披露くらいだと思うけど。

 

今年、欅坂46が紅白に出る場合は、追加メンバーは出れないと思うけど。

 

今のひらがなメンバーも出なくてもいいと思うけど。

 

今年のFNSにガヤ要員で出るかも。

 

 

今回の追加メンバーはルックスが良いと言われているけど、SR配信なのでまだよくわからない。

 

SRと、特にテレビではだいぶ違うと思うし、オーラとキャラと性格が大事だと思う。

 

握手も最初は人気が出ても、握手対応が微妙なら、人気が出ないこともある。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーは、ルックスが良いと言われているけど、合格者が多いと人気が分散してしまうと思う。

 

追加メンバーで推されるのは、2~3人だと思うけど。

 

個人的には、1番は人気が出ると思うけど。

 

あとのメンバーはわからない。そんなにすごい人はいるのだろうか。

 

人気は、7番と10番と16番と18番とダークホースが1~2名という感じだろうか。

 

ただ、このメンバーの人気は加藤さんと齊藤さんには簡単には勝てないと思う。

 

人気も普通な高本さんと同じくらいの人気になりそうな感じもする。

 

 

基本的には、ひらがなは漢字欅メンバーからの推し増し効果で人気を上げている部分があると思うし、ファンの数には限界があるので、人気は上げづらいと思う。

 

新規ファンもいると思うけど、秋元グループ内でファンの奪い合いになっていると思う。

 

 

あと、SRではよくても、テレビで見たらがっかりパターンはあるからなあ。

 

 

追加メンバーが仮に11人合格なら、今のメンバーと合わせると23人になってしまう。人数が多すぎる。

 

そうなると、カップリング曲では漢字欅以上にゴチャゴチャすると思うけど。

 

追加メンバーだけ乃木坂3期生みたいに別売りするということはあるのだろうか。それは無理があると思うけど。乃木坂3期生は推されや人気の格差がかなりある。

 

 

ゴリ推しされるのは、1番の人くらいだと思うけど。

 

そもそも、秋元氏は「ひらがなけやき」に興味があるのだろうか。

 

まあ、秋元氏が「ひらがなけやき」に興味がなければ、ソニー的には自由度がある「けやき坂46」が本体なのかも。

 

 

けやき坂46で、カップリング曲で2曲という感じになるかも。

 

ユニットで救済しないと難しい点が出てくると思うけど、そのユニットも特定メンバーのみという感じになるのだろうか。

 

 

追加メンバーを「ひらがなけやき新メンバー」で別売りすると、今のひらがなメンバーは中古感が強くなると思うけど。

 

今のひらがなメンバーは「ブス集団」とか言われていたし、年齢は高めでセミプロメンバーが多いので、フレッシュ感はあんまりないと思うけど。

 

 

まあ、今のひらがなメンバーは、乃木坂2期生的なポジションになるかも。

 

これは、きついなあ。

 

これも秋元グループのいつものパターンなので仕方がないか。

 

その中で、うまくやっていくしかないと思うけど。

 

 

今のひらがなメンバーは、学業やキャリアなどのいろいろな事情があるかもしれないけど、あと2~3年はなんとか頑張ってほしいけど。

 

2018年秋から、秋元グループでは「アイドルの世代交代」があると思うし、その中心は秋元氏とソニーが力を入れている「平手さんを中心とした欅坂46」と「乃木坂3期生を中心とした乃木坂46の世代交代の挑戦」になると思う。

 

だから、「けやき坂46」も「バーター効果」でおいしい思いができる可能性がある。

 

そして、秋元氏が深く関わっている「2020年の東京オリンピック」。

 

 

乃木坂46の「アンダー」と、欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、違うと思う。 

 

兼任の長濱さんがいるし、加藤さんと齊藤さんはポテンシャルは高いと思う。

 

それに、井口さんの存在。

 

個人的には、高本彩花さんと「追加メンバーの1番」の人には期待しているんだけど。

 

 

高本彩花さんと「追加メンバーの1番」は、「普通の素人キャラ」だから。

 

 

なんとなく、予想通りの展開になってきたかも。

 

これは、相当ヤバいと思うけど。

 

フラグが、ガンガンに立っている感じがある。

 

 

役者は、揃いはじめている。坂道46グループは「劇団」だと思う。

 

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、漢字欅オーディションに落ちた「普通の素人キャラ」で「AKB48時代の指原莉乃さんポジション」の高本彩花さんと、乃木坂3期生のオーディションに落ちた「普通の素人キャラ」で「西野七瀬さん風」の「追加メンバーの1番」の「敗者復活戦による逆襲の物語」なのかもしれない。

 

 

 

欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、「エンターテインメント集団」としての「新しい挑戦」を行ってほしい。

 

 

 

www.showroom-live.com