グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、生き残ることができるのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、生き残ることができるのだろうか。

 

高本さんの推しメンの元SKE48(元乃木坂46兼任)の松井玲奈さんは、SKE48在籍中の最後の方では、よく「生き残りたい」と言っていたと思う。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーは候補生が23人もいるので、8~14人は合格しそうな気もする。

 

そうなると、ひらがなけやきメンバーは20~26人という人数の多さになる。

 

人数が多くなると、今まで以上に「ガヤ要員」の色が強くなると思う。

 

あくまで、メインは欅坂46(漢字欅メンバー)で、けやき坂46は「アンダーグループ」。

 

けやき坂46は、AKB48のチーム8に近い存在になるのだろうか。

 

ソニー的には、勢いがあるAKB48のチーム8に、けやき坂46をぶつけるつもりなのだろうか。

 

 

今までは12人で兼任の長濱さんもいたので、実質的には11人のメンバーでグループとしては少人数で、歌、ダンス、キャラ、特殊技能などを持っているメンバーが多かったので、わかりやすく、「個性」的だったと思う。

 

 

今後のひらがなは人数が増えるので、「個性」が薄くなる可能性もある。

 

追加メンバーは全員ではないと思うけど、ある程度は推されるメンバーが出てくると思う。その影響を今のひらがなメンバーは受ける。

 

影響を受けにくいのは、兼任の長濱さん、人気のある加藤さんと齊藤さん、リーダーポジションの佐々木久美さん、ジョーカーポジションの井口さんと、センター経験者の柿崎さんかも。

 

欅坂46(漢字欅)を参考にすると、楽曲のフォーメーション的には2列目メンバーに人気メンバーを集める可能性もあるかも。

 

フロントメンバーよりも、「裏センター」とかがおいしいポジションになるかも。

 

あと、欅坂46でもけやき坂46でもそうだけど、MVでは優遇されるメンバーがポジションやフォーメーションどおりではないこともあると思う。

 

 

まあ、けやき坂46の曲はあくまで「カップリング曲」だと思う。

 

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」で「選抜」という考えはないと思う。

 

握手会に参加する以上は、通常は楽曲に参加すると思う。

 

まあ、AKB48のシングルでは楽曲に参加してないメンバーも多いけど。

 

 

今後は、欅坂46のシングルで、ひらがなでもユニット曲があると思う。

 

その場合は、けやき坂46の曲のフロントメンバーや人気メンバーが優遇されるのか、それともひらがなは人数が増えるので、救済的なユニットになるのだろうか。

 

 

まあ、どちらにしても、カップリング曲だと思う。

 

 

あと、加藤さんは努力と人気次第では、この1年以内にどこかの雑誌の専属モデルが決まっても不思議ではない。

 

加藤さんはバラエティ能力も高いと思う。GWのSR配信からトークが面白かったと思うけど。

 

 

欅坂46の表題曲選抜メンバーを「漢字欅とひらがなけやき合同チーム」という名の選抜制にすることもあるのだろうか。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

ひらがなけやきメンバーは20~26人という人数になった場合は、Mステや春夏秋冬の大型音楽番組には出れない可能性もある。

 

まあ、FNSは去年と同じような「ガヤ要員」で出れる可能性もあるかも。

 

紅白も「バックダンサー」や「ガヤ要員」なら、出れることもあるかも。

 

 

秋元グループは、大人数なので「ガヤ要員」的な部分があると思う。

 

秋元グループは、放送作家出身の秋元氏の企画モノのネタキャラアイドルグループだと思う。

 

秋元氏が、どういう人で、今まで何をやってきたのかを知ることは大事だと思う。

 

メンバーは、そこを最初の段階で理解した方がいいと思うけど、その辺はスタッフやメンバーの中ではどうなっているのかなあと思うこともある。

 

秋元氏を好きか嫌いかという基準で判断するのではなく、「面白い」と思うメンバーは秋元グループには向いていると思う。

 

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、欅坂46の「サポートグループ」だと思う。

 

そういうグループだと思ってみると、楽しめる部分があるような気もする。

 

秋元グループでは、それは「新しい挑戦」になると思う。

 

 

秋元氏は、指原さんや、乃木坂46の高山さんや秋元真夏さんのような同期や後輩に対するサポートやフォローが上手いメンバーには興味があると思う。

 

AKB48時代の指原さんは、歌もダンスもルックスも身長も人気も「普通」で「ヘタレキャラ」の「脇役キャラ」で「腰巾着キャラ」だったけど、後輩のサポートやフォローが上手く信頼されていた。

 

 

先日のTIFでは、欅坂46のメンバーのパフォーマンスは、平手さんの体調不良の関係で全体的に微妙な部分があり、「アンダーグループ」のけやき坂46のパフォーマンスで、「サポート」や「フォロー」した部分があったと思う。

 

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、欅坂46の「サポートグループ」という意味合いもあるなら、高本さんは有利な部分があるような気もする。

 

 

高本さんは、その昔は「看護師」志望だったらしい。だから、「サポート」には興味があるような気もする。

 

しかも、高本さんは、歌もダンスもルックスも身長もトークもキャラも人気も「普通」。

 

ひらがな追加メンバーの加入は、「普通の素人キャラ」で「脇役キャラ」の高本さんにとっては、最大にして最高のチャンスだと思う。

 

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「生き残ること」ができるのだろうか。

 

 

 

www.keyakizaka46.com