グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーオーディションの合格者の予想など

けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーオーディションの合格者について思うことがあった。

 

まあ、候補生の何番の人が合格するかは、まだよくわからない。

 

今のひらがなメンバーの構成は、人数が比較的に少ないという点もあるけど、わかりやすい部分がある。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

 

兼任でセンターの長濱さん。

 

センターポジションが多い柿崎さん。

 

頭がよく、全体的な能力値が高く、年長メンバーで高身長でわかりやすいリーダーポジションの佐々木久美さん。

 

わかりやすいネタキャラとしては、規格外の存在感がある井口さん。

 

わかりやすいビジュアル系キャラの加藤さん。

 

ダンスメンバーとしては、潮さん、影山さん、齊藤さん、佐々木美玲さん、東村さん。

 

歌唱メンバーとしては、潮さん、影山さん、齊藤さん、佐々木美玲さん。

 

外国語メンバーとしては、潮さん、佐々木美玲さん、高瀬さん。

 

あとは、漢字欅オーディション落ちの「普通の素人キャラ」の高本さんになる。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

個人的には、高本さんが一番面白いと思うけど。

 

高本さんは「なんかよくわからないけど、本当に面白い」と思うから。

 

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーは、まさか「カタカナけやき」じゃないだろうなあ。

 

 「ひらがなけやき」のポーズは、あえてカタカナで「ヒ」を作るから、「カタカナけやき」のメンバーということはないよなあ。

 

 

ソニーミュージックは、「ひらがなけやき」と同じ時期に「カタカナけやき」も商標登録している。

 

「けやかけ」のMCの土田さんたちのユニットは、「ケヤキ坂46(カタカナケヤキ)」。

 

「カタカナケヤキ」と「カタカナけやき」は違うと思う。

 

「カタカナ『けやき』」なので、ある意味では「けやき坂46」。

 

 

「けやき坂46」は、今のメンバーの「ひらがなけやき」と、追加メンバーの「カタカナけやき」の2チーム制でやるということはあるのだろうか。

 

 

まあ、「カタカナけやき」はなくても、「サプライズ」で何かを発表する可能性もあるかも。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーオーディションの合格者は10人以上なら、ポジションは今のひらがなメンバーや乃木坂3期生のポジションが参考になりそうな気もする。

 

 

追加メンバーのセンターポジションメンバー。

 

追加メンバーのリーダーポジションメンバー。

 

追加メンバーのネタキャラポジションメンバー。

 

追加メンバーの高身長メンバー。

 

追加メンバーのビジュアル系メンバー。

 

追加メンバーのダンスメンバー。

 

追加メンバーの歌唱メンバー。

 

追加メンバーのMC要員メンバー。

 

だから、8人の合格者が理想的な感じもするけど。人気が出るのは2~3人だと思うけど。

 

8人なら、今のひらがなメンバー12人とあわせても20人になるから、漢字欅メンバーの人数は超えないし。

 

23人の候補生だから、10人以上の合格者だと思うし、「46」という数字にこだわるなら、今は32人なので、14人の合格者という感じになるのだろうか。

 

合格者は8~14人という感じだろうか。

 

23人の候補生から、10人前後は落ちることになると思うので、厳しい戦いになると思う。

 

でも、今のひらがなメンバーも厳しいSR配信オーディションを経験してきたので、追加メンバーも残酷だけど、そうなるのは仕方がないかも。

 

 

個人的には、やる気のあるメンバーが好きだけど。

 

やっぱり、ひらがなはキャラの濃さと熱さがないと面白くないと思うけど。

 

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしいし、「新しい挑戦」を行っているので、追加メンバーもアイドルとして「面白い」メンバーじゃないと厳しいと思う。

 

秋元氏は、「エンターテインメントの基本は、意外性」と言っている。

 

まあ、その「面白いこと」とは、「よくわからないこと」なんだと思うけど。

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」かもしれないけど、「面白いこと」は「よくわからないこと」だから、「カオス感」は大事なのかもしれない。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のSR配信オーディションは、キャラの濃さとカオス感が大事なのかも。

 

 

けやき坂46が、「エンターテインメント集団」としての「個性」を大事にしているなら、その「個性」の集団は「カオス」になりやすいと思う。

 

 

「第一次けやき坂46」から、追加メンバーを入れて「第二次けやき坂46」にグループとして大きな変化をするので、秋元グループではこれは「新しい挑戦」になると思う。