グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の中元日芽香さんが芸能界を引退することをブログで発表

乃木坂46の中元日芽香さんが芸能界を引退することをブログで発表した。

 

卒業理由が体調面というのが、なんとも言えない感じもする。

 

芸能界からも引退するらしい。

 

「これからはひっそりと生きていきたいです」とのこと。

 

スタッフは中元さんに「ひめたんともっと一緒に色んな仕事したかったし内心今でも思ってる でもそれ以上に、健康になって欲しい。」と言ったらしい。

 

これは、きついなあ。

 

中元さんはブログで「私のような人が増えないといいな」と書いているけど、これは重い言葉だなあと思った。

 

中元さんの場合は、あの妹さんと比較されることもあったと思う。

 

 

6年もアイドルをやっていたわけで、やっぱり大変だったと思う。

 

個人的には、握手アイドルは3~5年が基本で、5年以上は特殊なメンバーを除くと難しいと思っていた。

 

体調不良やスキャンダルのことを考えても、基本的には3~5年が限界な感じもする。

 

まあ、個人差はあると思うけど、今の秋元グループはグループもメンバーも多すぎる感じがあるので、メンバーの消耗度は高くなっているような気もする。

 

 

秋元康氏は現在59歳。65歳超えてくると、今の秋元グループの仕事量ができるのか疑問もある。あと6年か。

 

秋元氏も絡んでいる3年後の2020年の東京オリンピックがターニングポイントかも。

 

 

AKB48(チーム8も含む)、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48、乃木坂46、欅坂46(けやき坂46)と8グループもある。

 

ひらがなけやき追加メンバーが加入するし、NGT48の2期生募集とAKB48の第3回ドラフト会議があるかも。

 

まあ、あと1~2グループくらいは増えるかも。48と46それぞれひとつずつ感じかも。

 

秋元グループは、秋元康プロデュースだから成り立つ部分があると思うけど、最近のAKB48の特別公演の状況などを見ていると、少しずつ秋元氏の影響力を薄くしているのかなあと思うこともある。

 

 

秋元康氏は、欅坂46を「死ぬ気で全力」でやっているらしいけど、欅坂46のセンターの平手友梨奈さんは体調不良でかなり辛そうな感じもする。

 

 

最近の坂道グループは人気と勢いがあるけど、体調不良のメンバーが多いと思う。

 

世界のソニーグループとしては、この握手アイドルの状況をどう思っているのだろうか。 

 

ソニーミュージックは、坂道46グループの発展に未来をかけているらしい。

 

ソニー本社が、坂道46グループをエンターテインメント事業の中核と考えている部分があるらしい。

 

アイドルビジネスは拡大しているし、握手会をなくすことは難しいと思うけど、CDを売る手段としての握手会も何か考える時期に来ているような気もする。

 

握手アイドルは、社会的な影響力もあると思う。

 

アイドルの体調不良のメンバーも「かわいそう」とか「頑張れ」という感じで、「感動モノ」のエンターテインメントとして消費されるのであれば、それはそれでどうかなあと思うこともある。

 

 

乃木坂46は人気はあるけど、北野日奈子さんと中元日芽香さんのWセンターの「アンダー」という曲は、中元さんがこういう形で卒業することで悲壮感が強くなるような気もする。