グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

「けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーオーディション」SHOWROOM部門が開催決定

「けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバーオーディション」SHOWROOM部門が開催することが決定した。

 

候補者23名で、明日18時から配信が開始される。

 

配信期間は、8/8(火)〜8/11(金)なので、4日間しかないのか。

 

まあ、4日あれば、人気やキャラの一部はわかる部分がある。

 

8月13日(日)が最終審査で、その場でお披露目という感じだろうか。

 

明日の17:00に、サムネイル画像が変更らしい。

 

去年のゴールデンウィークのひらがなけやきメンバーのオーディションは、候補生は18人で合格者は11人だったし、乃木坂3期生は候補生が13人で合格者が12人なので、今回の追加メンバーの23人の候補生は多いなあ。

 

合格者は10人以上かも。

 

場合によっては、仮合格者という形で14人以上ということもあるかも。

 

個人的には、追加メンバーなので8人くらいでいいと思うけど。でも、そうなるとかなりの数の候補生は落ちることになるなあ。

 

 

落ちる候補生も多いと思うので、残酷ゲームになるかも。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だし、カップリング曲でメディアの露出も限定的だから、合格しても一部のメンバーを除けば、厳しいことになると思うけど。

 

なんとなく、今回の追加メンバーは、AKB48の研究生的な扱いになりそうな気もするけど。

 

今のメンバーは、それなりにパフォーマンスのレベルは結構高いから、10人以上の追加メンバーが入るとゴタゴタすると思うし、序列やポジションは人気競争の要素が強くなると思う。

 

でも、あくまで「アンダーグループ」で、カップリング曲だと思うから、その中で競争の要素が強くなってもどうかなあと思うけど。

 

 

追加メンバーは2~3人を除くと握手人気を上げることは難しいと思うし、今のひらがなメンバーも兼任の長濱さんと、加藤さんと齊藤さんの3人以外は人気が分散しやすいので結構厳しいかも。

 

まあ、漢字欅メンバーにも影響が出ると思うけど。

 

「今のひらがなけやきメンバー」に「追加メンバー」をどう組み込むのかは興味があるし、こういうのは秋元グループでは、結構珍しい感じもするので「新しい挑戦」なのかなあと思うこともある。