グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』のけやき坂46の「永遠の白線」について(その2)

欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』には、けやき坂46(ひらがなけやき)の「永遠の白線」という曲がある。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

 

「永遠の白線」の歌詞の中には、「野球部の補欠たち」という言葉がある。

 

 

秋元康氏は、作詞は「当て書き」することが多いらしい。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、「野球部の補欠たち」なのだろうか。

 

 

けやき坂46の曲は、「一昔前の学園ドラマみたいで恥ずかしいモノ」なのかも。

 

 

秋元氏は、初期のAKB48は「弱小野球部」を意識していたらしい。「ドラフト会議」に「東京ドーム」か。

 

初期のAKB48は「弱小野球部」で、けやき坂46の「野球部の補欠たち」。

 

 

けやき坂46の影山優佳さんは、AKB48Gのドラフト2期候補生だった。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

影山優佳さんのひらがなけやきの候補生番号は「18番」で、「野球」のエースナンバー。

 

ひらがなのGWのSR配信では、配信参加合格者が「9人」で、配信不参加合格者が「2人」で、合計でひらがな新メンバーは「11人」だった。

 

 

配信参加合格者が「9人」のうち、顔出し合格者が「8人」で、「顔出しNG配信者」は「1人」だけの合格者。

 

 

影山優佳さん(候補生番号は18番)は「顔出しNG配信者」で1人だけの合格者。お披露目フロントメンバー。

 

 

AKB48の公式ライバルの乃木坂46は、コードネームが「シャドー」 で、AKB48の「シャドーキャビネット(影の内閣)」として存在しているらしい。

 

坂道シリーズ「第2弾」の欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」。

 

 

影山優佳さんは、「サッカー」が好きらしい。

 

 

ひらがなけやきの合格者は「11人」で、お披露目フロントセンターは、候補生番号「10番」の柿崎芽実さんだった。

 

 

AKB48が「劇場」で「体育会系」、乃木坂46が「劇団」が「文化系」。

 

 

けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」(作曲:カミカオル)のMVでは、「文化系(制服組)メンバー」(1列目)と「体育会系メンバー」(2列目)に別れていた。

 

 

けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」のMVの1列目メンバーの5人は「文化系(制服組)メンバー」だったけど、高本彩花さんは「1人」だけ「弓道」で「体育会系メンバー」で「1列目メンバー」。MVでは「ソロカット」もあった。

 

 

「文化系(制服組)メンバー」(1列目)の5人と、高本彩花さんは「1人」だけ「弓道」で「体育会系メンバー」で「1列目メンバー」と、「体育会系メンバー」(2列目)の6人。

 

 

高本さんは、1998年「11月2日」生まれで、11月2日の次の日の11月3日は、「文化の日」。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

高本さんは、歌もダンスもルックスも身長もトークも人気も「普通」で、「普通の素人キャラ」。

 

高本さんは「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」。

 

 

秋元氏は、「AKBは適当にダラダラやるのが面白い」と言っていたと思う。

 

「適当」とは、「ちょうど良い」という意味もあるから、「普通」と考えることもできる。

 

秋元氏は、「普通の女子高生」に興味があるようだ。

 

秋元氏は「今の時代はリアルな女の子がアイドル」と言っている。

 

AKB48の衣装は、秋元康氏からの「リアルにしたい」という要望があったらしい。

 

秋元氏は、「AKB48は素人集団」とも言っていた。

 

 

欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』のけやき坂46の「永遠の白線」は、意味深な歌詞があるなあと思った。

 

 

www.keyakizaka46.com