グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の『アンダー』のMVの感想など

乃木坂46の『アンダー』のMVを見た。

 

アンダーメンバー(18人)

伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、北野日奈子、斎藤ちはる、斉藤優里、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、能條愛未、樋口日奈、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあや

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

「アンダー」という曲なので、MVは期待していなかったけど、ファンの中では賛否両論らしい。

 

「アンダー」という曲のMVは、今までのアンダーセンターやフロントメンバーがメインだと思った。

 

その点で、アンダーの中でも格差を感じる。

 

「アンダー」の曲のフォーメーションがよくわからない。

 

「感動した」という意見も結構あるらしい。

 

個人的には、秋元氏の歌詞がいろいろとすごいなあと思うことがあった。

 

あの歌詞に影響されてしまうファンもいるのかと思った。

 

歌唱メンバーは、この曲の歌詞をどう思っているのだろうか。

 

 

まあ、この曲、歌詞も曲もなんか悲壮感があるなあ。

 

 

選抜もアンダーも関係なく、両方がいて乃木坂46なんだという意見はわかるけど、選抜競争があるので、そんな綺麗事では片付けられないものもあるような気もする。

  

 

この「アンダー」という曲は、「アンダーアルバム」のリード曲ならどうだったのだろうか。

 

まあ、それはそれで悲壮感が強くなるような気もするけど。

 

 

18枚目シングルのアンダーメンバーで、この「アンダー」という曲を歌わせた理由は知りたいかも。

 

今後の「乃木坂46の世代交代の挑戦」に関係があるのだろうか。

 

そうだとしたら、残酷なものもあるかも。

 

アンダーメンバーに対して、プレッシャーのかかる曲になっているような気もする。

 

特に18thシングルのアンダーメンバーの1期生は、18thシングルでMV撮影は無しという感じだし。

 

 

18枚目シングルのMVは、こんな感じらしい。

 

選抜1期生:MVは2つ

選抜2期生:MVは3つ

選抜3期生:MVは3つ

アンダー1期生:MVはゼロ

アンダー2期生:MVは1つ

非選抜3期生:MVは1つ

 

これを見ると、やっぱり「乃木坂46の世代交代の挑戦」の方向にシフトしているのかなあと思うこともあるけど、19枚目シングルはどうなるのだろうか。