グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

秋元康氏が、欅坂46を「死ぬ気で全力」でやっているらしい

HKT48の指原莉乃さんが、「もう秋元さんホント欅ちゃん好きだから!本気なんですよもう欅ちゃんに対して。死ぬ気で気合いが入っているんですよ!」と言っているらしい。

 

「けやかけ」のMCの土田さんがラジオで、指原莉乃さんがいろいろと文句を言っていることを話したらしい。

 

秋元康氏が、欅坂46を「死ぬ気で全力」でやっているらしい。

 

 

秋元氏は、欅坂46に力が入りすぎだと思う。

 

 

運営的には、ソニーと「Y&N」だから、権利関係的にもやりやすいのだろうか。

 

乃木坂46も運営が「Y&N」の影響が強くなっているといわれているけど。

 

欅坂46は、今は21人選抜で一体感が出やすいのかも。

 

まあ、平手さんセンターはしばらく続く感じだと思う。

 

 

選抜競争もメンバーが固定化してしまうし、センターもコロコロ変わるとイメージ的にわかりづらい部分もある。

 

AKB48は、前田敦子さんという「絶対的センター」がいたから良い点もあったと思う。

 

でも、AKB48のヒット曲は、大島優子さんセンターの「ヘビーローテーション」と指原莉乃さんセンターの「恋するフォーチュンクッキー」。他にもいくつかあると思うけど。

 

欅坂46は「絶対的センター」の平手友梨奈さんで、「サイレントマジョリティー」はデビューシングルでヒットした。

 

その勢いだけで来ている部分があるような気もする。

 

欅坂46の人気や勢いに対して、中身がついていっていない感じもする。

 

やっぱり21人選抜は多いと思うし、「平手さんとその他いろいろ」になりやすいと思う。

 

エースメンバーの1人の今泉さんは体調が微妙だし、一部のメンバーは勢いについていけていないような気もする。

 

個人的には、秋元グループの中では欅坂46は、大人たちにやらせている感じが一番強いような気もする。

 

AKB48グループは劇場があり、乃木坂46はプリンシパルの存在が大きいと思う。

 

 

でも、アイドルなので「操り人形感」はあった方がいいかも。

 

秋元氏が考えた欅坂46の1stアルバムのタイトルは『真っ白なものは汚したくなる』だし。

 

奇抜さが斬新さと捉えれているところもあると思うので、さらに過激なことをやる感じがある。

 

「ロック路線」が強くなりそうな気もするけど、煽り路線は強くなるのだろうか。

 

一時期、欅坂46はギスギス感があるといわれていたけど、それは「世界には愛しかない」などの楽曲の一部からもなんとなく感じることがある。選抜メンバーが21人と多いのも関係があるのかも。

 

 

まあ、『月曜日の朝、スカートを切られた』の歌詞はやりすぎだと思うけど。

 

 

欅坂46は、格好良いかもしれないけど、暗い感じもするし、今後は閉塞感や悲壮感が出やすいかも。

 

大人数で握手会でCDを売っている時点で、世間的には他の秋元グループとイメージは変わらないし、『月曜日の朝、スカートを切られた』の歌詞は批判も結構ある。

 

 

欅坂46のファンの一部が、妙な特権意識を持ち始めているのはまずいなあと思うこともあるけど、SKE48のファンの一部でもそういう人がいるし、そういう方向性に持っていこうとする大人たちがいるのかも。

 

まあ、アイドルというのはそういうものなのかも。

 

 

さらに、ひらがな追加メンバーも入るので、欅坂46は大人数握手アイドルグループになる。

 

 

秋元氏は「けやき坂46」はどう思っているのかはわからないけど、欅坂46に力が入っている分、けやき坂46は力がうまく抜けているような気もする。

 

まあ、「ひらがなけやき」なので、ゆるい感じになるのはわかる。

 

秋元グループは、ある種の「ゆるい」感じも大事だと思う。「適当」なので。

 

 

秋元氏も、適当でミーハーで、人気や勢いに便乗するのが好きだと思う。

 

秋元氏が、欅坂46を「死ぬ気で全力」でやっているらしい。

 

これは、「死ぬ気で努力する」ということか。

 

秋元氏は、「自分も倒れるくらい面白くなければだめだった」とも言っているらしいし。

 

 

秋元グループは、2018年の秋以降に「アイドルの世代交代」があると思う。

 

秋元氏は、正統派の主役キャラの平手さん以外のメンバーにも興味を持つ可能性があると思う。

 

秋元氏は、「遊べるキャラ」や「息抜きキャラ」も興味があると思う。

 

「遊び」や「息抜き」も、「エンターテインメント」だから。

 

 

まあ、指原さんに対抗できるメンバーには、絶対に興味があると思うけど。

 

指原さんが「放送作家キャラ」なら、「構成作家キャラ」も必要かも。

 

秋元氏は、ラジオの放送作家出身。

 

AKB48時代の指原さんは、歌もダンスも身長もルックスもトークも「適当」な「普通の素人キャラ」で、「脇役キャラ」だった。