グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は地上波のテレビの音楽番組に出ることはあるのだろうか

欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)が、今後は地上波のテレビの音楽番組に出ることはあるのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

欅坂46とけやき坂46の差は、Mステと春夏秋冬の大型音楽番組の出演にあるような気もする。

 

けやき坂46は、「46SHOW!」以外のテレビの音楽番組に出演するチャンスは少ないと思う。

 

去年は、FNSには出たけど、ガヤ要員だった。

 

 

他にも、ドラマやバラエティやグラビアやラジオやイベントなどの差はあるけど、ひらがなメンバーも出始めている。

 

ドラマとバラエティは深夜番組が基本だと思うけど。

 

アンダーグループのひらがなメンバーは出演は限定的だと思う。

 

ひらがなメンバーの一部は、バラエティに強い部分がある。

 

最近では、ソログラビアは漢字欅メンバーの一部よりも、ひらがなメンバーの一部の方が多いような気もする。

 

 

欅坂46は、今後はミュージカルや舞台をやることもあるのだろうか。

 

スケジュール的には難しいような気もするし、乃木坂46が舞台に力を入れている感じもするので、欅坂46では舞台をやるのかはよくわからない。

 

 

モデル路線に関しては、欅坂46の方が乃木坂46よりも今後は有利な点があるかも。

 

乃木坂46の2期生や3期生は人気があって、女子受けするようなわかりやすいモデルタイプが少ないような気もする。

 

欅坂46は乃木坂46の3期生に比べると、人気のある女優タイプが少ないような気もする。乃木坂46の3期生は「3人のプリンシパル」の経験は相当大きいと思う。

 

バラエティは、漢字欅メンバーや乃木坂46の2期生や3期生よりも、ひらがなメンバーの方がたぶん強いと思う。

 

 

欅坂46が、平手さんを中心とした格好良い曲と、モデル路線が中心になるのだろうか。ロック系ライブアイドルの「劇団」という感じもあるかも。

 

 

乃木坂46は、3期生を中心とした「アイドルの世代交代の挑戦」と、女優系とバラエティのバランス型が中心になるのだろうか。女優系アイドルの「劇団」という感じかも。

 

 

けやき坂46は、「アンダーグループ」なので、坂道グループが弱いバラエティのカバー的な役割と、アイドルエンターテインメントの「新しい挑戦」を行う感じになるのだろうか。

 

けやき坂46は、「個性派エンターテインメント集団」。

 

 

けやき坂46の曲はカップリング曲で、欅坂46の表題曲に比べたら、MVの再生回数もかなり微妙なところがある。

 

でも、ソニーで秋元グループなので、今後のけやき坂46はカップリング曲でもタイアップがつく可能性がある。

 

タイアップやMVの再生回数や話題性によっては、カップリング曲でも人気が出れば、地上波の音楽番組に出ることができるかも。

 

 

まあ、簡単なことではないと思うけど。

 

 

Mステは、タモリさんが番組を卒業したら、大きな変化があると思う。

 

春夏秋冬の大型音楽番組は、秋元グループはガヤ要員的なイメージがある。

 

秋元グループは、現在は国内だけでも、AKB48(チーム8含む)、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48、乃木坂46、欅坂46(けやき坂46)で8グループもある。

 

指原さんが卒業すると、AKB48グループの存在感が薄くなるような気もする。

 

乃木坂46でも、世代交代があると思う。

 

 

欅坂46は、世代交代はまだ先の話。

 

けやき坂46は、追加メンバーが入る。

 

 

最近の秋元氏は、欅坂46に力を入れていると思う。

 

勢いと人気があるから、それに便乗したいのだろうか。

 

秋元氏もソニーも欅坂46に力が入りすぎていると思う。

 

権利関係や運営構造的には、何か理由があるのだろうか。

 

 

秋元氏は、平手さんを中心とした「欅坂46のアイドルの革命」には興味があるのだろうか。

 

それから、乃木坂3期生を中心とした「乃木坂46の世代交代の挑戦」。

 

あとは、声優アイドルグループに関係してアニメ系の仕事も興味があるのだろうか。

 

 

秋元氏は、2020年の東京オリンピックに絡んでいるから、秋元グループにも間接的に影響が出る可能性がある。

 

AKB48グループは、STU48とNGT48は地域密着路線が強くなっている。

 

ローカルグループのSKE48、NMB48、HKT48もそれぞれ大変な部分がある。

 

チーム8は、スポンサーの関係でどうなるのかよくわからない。

 

 

AKB48は、アイコンメンバーが少なくなってきているような気もする。

 

 

2018年秋以降に、秋元グループ内では「アイドルの世代交代」があると思うけど、秋元氏はメインメンバーの欅坂46の「絶対的センター」の平手友梨奈さんや、乃木坂46の「暫定センター」の大園桃子さんだけではなく、他の新人メンバーも何人かサブメンバー的に興味が出ると思う。

 

まあ、いつものパターンなら、メインメンバーに対抗するサブメンバーが、メインメンバーを超えてしまうこともあるかも。

 

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

秋元氏は、「エンターテインメントは意外性が基本」と言っているようなので、意外で変で、よくわからないことが起きても不思議ではない。