グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

AKB48の渡辺麻友さんが「AKBの肩書がなくなったら何も残らない。凄い不安です」と発言

AKB48の渡辺麻友さんが「AKBの肩書がなくなったら何も残らない。凄い不安です」と発言したらしい。

 

これ、現実的な話だなあと思った。

 

渡辺麻友さんでも、こういう気持ちなんだから、他のメンバーはどうなんだろうかと思った。

 

秋元グループの人気メンバーでも、グループを卒業すると芸能界でやっていくのは厳しいと思う。

 

渡辺麻友さんは、この2~3年で「まゆゆ」感が薄くなったと思ったし、最近のAKB48での存在感も薄いと思った。

 

 

秋元グループの卒業生で芸能活動を行う場合は、女優兼タレントというのが現実的なのかもしれないけど、それでも厳しいと思う。

 

女優は演技力が必要だし、タレントはトーク力などが必要だと思うので、簡単じゃないと思う。

 

それなりの事務所に所属できれば別だけど、女優はテレビよりも舞台が中心になると思う。

 

秋元グループ卒業後、歌手やモデルは難しいと思う。

 

声優やアナウンサーになったメンバーもいるけど、個人的には今の秋元グループで声優やアナウンサー志望というのは、なんかなあと思うこともある。でも、秦さんが声優志望だったから、なんとも言えない部分もあるけど。

 

 

 

芸能界とは考えずに、「エンターテインメント業界」と考えた方がいいのかもしれないと思うこともある。

 

アイドル卒業後、タレント兼放送作家・ライター的なポジションで、アイドル業界のアドバイザー、イベントのMCや企画構成、アイドル専門のコーチ(ダンス、振り付け、演技、トーク)みたいな仕事もありかも。

 

個人でやるのは難しいこともあるので、そういう専門組織がもっとあっても良いと思う。

 

アイドルビジネス自体はなくならないと思うし、アイドルが好きなら、アイドル卒業後もアイドル経験をフルに生かした仕事をやるのも、やる気があるのなら、ひとつの方法かも。

 

「エンターテインメント業界」のライブスタッフやイベントスタッフなども、それなりのアイドル経験があると優遇されることもあると思う。

 

女性のタレント兼スタッフ的な仕事は、今後のエンターテインメント業界は重要なポジションになると思うけど、それはアイドルとしてそれなりの結果を出したメンバーで、適性と実力がないと難しいと思う。

 

 

秋元氏は、放送作家兼タレントというポジションだと思うから、秋元グループでもそういうポジションを狙うメンバーがいても良いと思う。でも、人気と実力がないと難しいと思うけど。

 

秋元氏はラジオの放送作家出身なので、秋元グループのメンバーは「ブログSNSネタ職人」というのは、重要になると思う。

 

 

秋元グループというのは、「アイドル学校」というポジションらしいけど、この「アイドル学校」をもっと専門的に強化するということはあるのだろうか。

 

 

ソニーは、秋元グループ後のアイドルビジネスの「未来」のことも、坂道グループの発展として考えているかも。