グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46と映画「ワンダーウーマン」のタイアップ曲『女は一人じゃ眠れない』のMVが公開

乃木坂46と映画「ワンダーウーマン」のタイアップ曲『女は一人じゃ眠れない』のMVが公開された。

 

選抜メンバー(18人)

大園桃子・与田祐希・西野七瀬・白石麻衣・齋藤飛鳥・堀未央奈・高山一実・生田絵梨花・松村沙友理・秋元真夏・星野みなみ・衛藤美彩・伊藤万理華・桜井玲香・若月佑美・生駒里奈・新内眞衣・井上小百合

 

乃木坂46と映画「ワンダーウーマン」のタイアップ曲『女は一人じゃ眠れない』が話題になっているようだ。

 

映画「ワンダーウーマン」のファンから、かなり批判されているらしい。

 

「映画に合わない曲」とか「女性差別」とかその他いろいろ。

 

まあ、秋元グループは世間からの批判が本当に多い思うし、批判されても仕方がないことをいろいろとやっていると思う。

 

 

また、このパターンかと思った。

 

 

個人的には、映画「ワンダーウーマン」のことは全然知らなくて、『女は一人じゃ眠れない』という曲は聴いたときは、ダサいなあと思っただけで曲への興味は出なかった。

 

あと、タイトルは変だなあと思ったけど。

 

この『女は一人じゃ眠れない』が、映画「ワンダーウーマン」に全然合っていないらしい。

 

まあ、これはどういう事情があるかよくわからないけど。

 

秋元氏の歌詞だけではなく、この映画の日本での宣伝方法もどうかと思った。

 

どちらが話の先にきているのだろうか。

 

タイアップの過程がよくわからないけど、これは映画「ワンダーウーマン」のファンから批判されても仕方がないと思う。

 

 

秋元氏は、カップリング曲だから適当にやっているのだろうか。

 

なんかよくわからない感じになっている。

 

 

SKE48の「チキン」のアニメタイアップの時は、バラバラ感がひどいと思ったけど、その時とは違う感じもする。

 

女性差別云々に関しては、大人数握手女子アイドルの仕事をしているので、そういう部分があると思われても仕方がないかも。

 

それを言ったら、SKE48の「意外にマンゴー」なんてかなりひどい曲だと思われても仕方がないと思う。

 

NMB48の「ドリアン少年」や、HKT48のカップリング曲でもそんなことがあったと思う。

 

エンターテインメントでフィクションなので、なんとも言えないこともあるけど、変な影響力もある。

 

秋元氏の作詞は変なのも多いけど、それを若い女子も支持していることもある。曲のノリだけで聴いて、歌詞の意味なんてたいして気にしていないこともある。

 

 

でも、今回の映画「ワンダーウーマン」のタイアップ曲『女は一人じゃ眠れない』は、確かにどうかなあと思うこともあるけど。

 

映画「ワンダーウーマン」も、乃木坂46も損をしていると思う。

 

日本の場合は、こういうタイアップに関係するチグハグ感はよくあるけど。

 

 

www.nogizaka46.com