グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46の「KEYABINGO!3」の第2回は「60分間耐久ダンスサバイバル」

欅坂46の「KEYABINGO!3」の第2回は「60分間耐久ダンスサバイバル」だった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

ひらがなは、体育会系だなあ。

 

ひらがなメンバーは漢字欅メンバーに比べて、時間的には余裕があるから、企画を考えることは大事だと思う。

 

兼任の長濱さんは、忙しいと思うし、この企画は体調に影響する可能性があるので、参加しない方がいいと思う。

 

 

台本もあるかもしれないけど、フリーな部分やガチの部分はあると思う。

 

 

こういうダンス企画、SKE48のエビシリーズでやっていたような気もするけど、ひらがなの方がハードだなあ。

 

「いつものパターン」という「鉄板ネタ」って感じかなあ。

 

 

ひらがなメンバーはダンスが上手い人が多いと思う。

 

特に東村さん、潮さん、佐々木美玲さん、影山さん、齊藤さん、佐々木久美さんはダンスは上手いと思う。

 

 

加藤さんは意気込みのインタビューがキャラ的にはじわじわくるなあ。

 

加藤さんは、バラエティでもかなり良い活躍していると思うけど。

 

 

影山さんって、偏差値80なのか。すごいなあ。

 

それなのに、なんで秋元グループの握手アイドルになったのだろうか。

 

でも、政治家を目指しているなら、握手は大事かも。医大志望だとアイドル活動との両立は難しいからなあ。

 

 

齊藤さんは、やっぱり「ラスボスポジション」なのか。

 

 

やっぱり、「けやき坂46」で活動していくのだろうか。

 

ひらがな追加メンバーも入るし、今の漢字欅メンバーは選抜メンバーは21人で人数が多いし、人気メンバーや推されメンバーや利権メンバーが多すぎて、ひらがなメンバーが入る隙がないと思う。

 

 

 

アイドルなので、ストローを使って飲み物を飲むことは大事だと思う。

 

ひらがなは原点であるGWのSR配信の時から、そうだったと思うし。

 

「アンダーグループ」だけど、坂道グループなので、イメージ的にあんまり下品にならないようにスタッフもメンバーも気をつけていると思う。

 

やっぱり、知性とセンスと意外性は大事だと思う。

 

 

ひらがなは、ストーカーキャラが2人もいるのか。ネタだと思うけど。

 

ソニーミュージックの「アーティストマネージャー」は、「変人、募集中」とか「しつこさ」の重要性とか言っているらしい。

 

ソニーのSDグループは、全国津々浦々のネットワークで、「どの地方のどの学校にどんな才能を持った子がいる」といったレベルでの情報を持っているらしいからなあ。これも「しつこさ」の重要性が関係していると思うけど。

 

 

ひらがなの場合は、GWのSRオーディションで順位が1~5位のメンバー(齊藤京子さん、高本彩花さん、井口眞緒さん、加藤史帆さん、佐々木久美さん)は、年齢やキャリア的にもそうだけど、それなりに企画モノアイドルビジネスに対する「覚悟」と「根性」と「しつこさ」の実力があるような気もする。 

 

 

「アンダーグループ」の存在価値や意味って、なんだろうかと思うこともある。

 

メインの欅坂46の「調整要員」だと思うけど、そこに「救い」があれば、メンバーも活動に対するモチベーションが上がると思う。

 

 

今回は、影山さん、東村さん、佐々木久美さん、加藤さんが活躍という感じだろうか。

 

 

今回のMVPは、圧倒的に加藤さんだと思った。「ひらがなのエース」だと思った。

 

 

 

高本さん、全然目立っていないし、後列端で「適当」にやっていたなあ。

 

高本さんはダンス能力は「普通」だし、今回は後列端だし、それでも良いのかもしれないけど。

 

やっぱり、高本さんは「隠れバーターキャラ」だなあと思った。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

パジャマトーク、だいぶ前の話だと思うけど。

 

 

これもネタだよなあ。

 

 

ひらがなメンバーは、今は人数が少ないから、わかりやすいと思う。 

 

 

やっぱり、ひらがなけやきは、圧倒的に面白いと思う。

 

 

ひらがなけやきメンバーは、漢字欅メンバーにはバラエティでは勝ってほしいし、勝つチャンスがあると思う。

 

 

それが、結果として「アンダーグループ」の仕事になると思う。