グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

秋元康氏は、「黄金の運」を持っているのだろうか

秋元康氏は、「黄金の運」を持っているのだろうか。

 

秋元康氏は、1958年5月2日生まれ。

 

ある時期まで、プロフィール上の生年を「1956年」としていたらしい。

 

これは「放送作家」のアルバイトをするときに高校生ではできなかったから、年齢を「ごまかしていた」らしい。

 

でも、JASRACなどには当初より実際の誕生年で届けている。

 

「1958年」と「1956年」。「8(ガチ)」と「6(フィクション)」

 

「48」と「46」。

 

バランス的には、「AKB48」は「劇場」で「ライブ」で「ガチ」で、「乃木坂46」は「劇団」で「フィクション」で「ネタ」の要素が強いのかもしれない。

 

  

AKB48が「劇場」で「体育会系」、乃木坂46が「劇団」が「文化系」。

 

 

 

 秋元康氏は、1958年5月2日生まれ。

 

「5月2日」。

 

「月」で「つき」で、「2(2人)」だから「つき合う」。

 

だから、5+2=7。

 

「7」はラッキーセブンで、「運」。

 

5月2日は、通常は4月29日~5月5日のゴールデンウィーク(黄金週間)の「4日目」で、「中日(なかび)」。

 

「48」と「46」の「4」。

 

秋元氏は、「『中』央大学文学部『中』退」。

 

「中日」は、名古屋。

 

坂道シリーズ「第2弾」の欅坂46の「絶対的センター」は、「平手友梨奈(漢字5文字)」さん。秋元氏の強烈なお気に入りメンバー。平手友梨「奈」さん。「愛」知県出身。

 

AKB48の「第2グループ」であるSKE48の「松井珠理奈(漢字5文字)」さんは、秋元氏のお気に入りメンバー。松井珠理「奈」さん。「愛」知県出身。

 

平手友梨「奈」さんと松井珠理「奈」さん。「7」でラッキーセブンで、「運」で「運命」。

 

 

秋元氏が、平手友梨奈さんと松井珠理奈さんが好きなのは、「運命的な理由」があったようだ。

 

 

秋元氏は、「黄金の運」を持つ「うんこや」かも。

 

「運小屋」。

 

「小屋」は「劇場」と「劇団」。

 

秋元氏は「ライブ」と「劇団」が好き。

 

 

「黄金」は、「金」と「糞」。

 

「運」は「カオス(原初神)」。「運」は、神頼みだと思う。

 

「神曲」と「クソ曲」。

 

秋元氏の楽曲は、「クソ曲」と呼ばれるものが、「神曲」に変身することもよくある。

 

 

欅坂46のアルバムは『真っ白なものは汚したくなる』だから、秋元氏は「リアル感のある普通(適当)の素人」が好きだと思う。

 

「自分も倒れるくらい面白くなければだめだった」という秋元氏は「死ぬ気で努力する」タイプは好きだと思うけど。

 

「リアル感」と「親近感」が大事なのかもしれない。「普通の素人キャラ」にはそれがあるような気もする。

 

歌もダンスも身長もルックスもトークも「普通」。

 

でも、微妙なズレは大事だと思うけど。「意外性」。

 

 

 

エンターテインメントは、「遊び」の要素は強いと思う。

 

その「遊び」も「適当」な部分もあると思う。

 

 

「遊び」には、「くだらない」要素があると思う。

 

 

エンターテインメントは、「くだらないこと」も大事だと思う。

 

エンターテインメントは、娯楽であり、「暇つぶし」だから。

 

 

秋元氏は、「AKBは適当にダラダラやるのが面白い」と言っていたと思う。

 

「地下アイドルグループ」のAKB48を「素人集団」と、秋元氏は言っていた。

 

 

秋元氏は、エンターテインメントの基本は「意外性」と「予定調和を壊すこと」が好きみたいだ。

 

エンターテインメントは、「面白い」ことが大事。

 

秋元氏は「見たことがないものが良いもの」とも言っている。

 

秋元氏的には、「面白い」ことは、「どうなるのか、よくわからない」こと。

 

 

エンターテインメントは、「どうなるのか、よくわからない」ことが、「面白い」ということになるかも。

 

まあ、「鉄板ネタ」という「いつものパターン」もあるけど。

 

あるいは、人のネタを適当にパクるという手法もあると思う。

 

 

秋元氏は、「予定調和を壊す」とか「サプライズ」が好きで、企画ネタで仕掛けを作り、意図的に「混乱(混沌)」を起こすことが好きだと思う。

 

 

エンターテインメントは、「よくわからないもの」だから、「カオス(混沌)」。

 

カオスは「原初神」。

 

「運」は、神頼みだと思う。

 

秋元氏が、「運」を大事にしているから、「神」という言葉も好きなのかも。

 

 

秋元氏は、「ゆるい」ことを大事にしていると思う。

 

秋元氏のSRアバターは「ゆるキャラ」的な要素もあると思う。

 

 

秋元氏は、作詞家、放送作家、タレント、アイドルプロデューサー、アドバイザーなどの複数の仕事とポジションを兼任(副業)していると思う。

 

「よくわからないもの」の感じで、「ぼんやり(混沌)」させている部分があるような気もする。

 

エンターテインメントは、「フィクション」の要素があるから。

 

 

 

まあ、アイドルはフィクションだと思う。

 

秋元グループは、企画モノネタキャラアイドルグループだと思う。

 

秋元氏は、放送作家出身だから、「企画ネタ」という「仕掛け(トリック)」を作るのは好きだと思う。

 

それが「黄金の運」が基本なので、「適当」だけど。

 

 

秋元氏は、人気や勢いに便乗したり、変な企画モノを昔からやっていると思う。

 

 

秋元康氏は、1958年5月2日生まれで、5月2日はゴールデンウィーク(黄金週間)の「4日目」で「中日(なかび)」。

 

秋元康氏は「『中』央大学文学部『中』退」で、「黄金の運」の持ち主。

 

秋元康氏は「うんこや」で、「運小屋」。

 

「運」は、「神(カオス)」頼みで、「運命」。

 

「黄金」は、「金」と「糞」。

 

 「神曲」と「クソ曲」。

 

 

エンターテインメントは、「くだらないこと」が大事かも。

 

 

欅坂46は、運営によると「欅」の字がすべてに「最強の運」を持っているらしい。

 

 

世界のソニーグループは、創業者の1人が「エスパー研究室」に関わっていたり、「運力」の研究を「CD」を開発した上席常務が行っている。