グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「バーターキャラ」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんは、「バーターキャラ」なのだろうか。

 

欅坂46の「アンダーグループ」として結成したのが、 けやき坂46(ひらがなけやき)なので、「おまけ」や「バーター」感があると思う。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だから、「握手要員」で「調整要員」だと思う。

 

 

ひらがなけやきのSHOWROOM個人配信オーディション(イベント期間)は、2016年のゴールデンウィーク(黄金週間)の4月29日~5月5日の「7日間」だったと思う。

 

5月5日がイベント最終日で、「こどもの日」。

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」なので、ひらがなということで、こども向けの要素が強いと思う。

 

エンターテインメントは、「遊び」の要素は強いと思う。

 

その「遊び」も「適当」な部分もあると思う。

 

エンターテインメントの基本は「意外性」で、「面白い」ことが大事。

 

秋元氏的には、その面白いことは「どうなるのか、よくわからない」こと。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」で「謎の闇のグループ」なので、「どうなるのか、よくわからない」。

 

 

ひらがなけやきのSHOWROOM個人配信オーディションでは、高本さんは順位は2位だったけど、それは超長時間配信と超重課金者のおかげだと思う。

 

漢字欅オーディション落ちの高本さんは、「敗者復活戦」のひらがなけやきのオーディションでは、「努力」と「運」と「金の力」で厳しい競争を勝ち抜くことができたと思う。

 

超重課金者は、25万円以上も素人の候補生である6番(高本さん)に使っていたけど、それが話題になっていて、視聴者数が上がった可能性もある。

 

素人の候補生である6番(高本さん)より、超重課金者の方が面白くて話題になっていた。

 

超重課金者がメインで、高本さんはその超重課金者の「おまけ感」があった。

 

高本さんは「原点」であるSR配信オーディションの時から、「バーターキャラ」だった。

 

 

高本さんは、「おまけキャラ」で「バーターキャラ」で「負け犬キャラ」で「ヘタレキャラ」で「ステマキャラ」で「腰巾着キャラ」で「チョイ役キャラ」で「オチ要員」で「前座要員」で「ガヤ要員」で「隠れキャラ」で、「普通の素人キャラ」。

 

 

秋元グループは、大人数なので「バーター」や「おまけ」は大事だと思う。

 

秋元グループは、CDを「握手」という「おまけ」で売っている部分がある。

 

「おまけ」の「握手」が、メインのCDを超えている部分がある。

 

 

お菓子も「おまけ」がメインになってしまうことがある。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」で「下部組織」で「裏のグループ」。

 

 

高本さんは、適当でミーハーで、少し推されたり、チヤホヤされたりすると浮かれて、すぐに調子に乗って、やらかすところがあるから、本当に呆れるくらい危ないと思う。

   

 

個人的には、高本さんが人気が出ないと、ひらがなはつまらないと思っている。

 

 

「普通の素人キャラ」の高本さんは、先輩の漢字欅メンバーを「持ち上げて」、同期のひらがなメンバーの「バーター」で「おまけキャラ」になり、後輩のひらがな追加メンバーの「育成」と「面倒」を見れば、2推しや3推しは増える可能性もあるので、もっともっと頑張ってほしいけど。

 

 

欅坂46の1stアルバムは、『真っ白なものは汚したくなる』。

 

 

「地下アイドルグループ」のAKB48を「素人集団」と、秋元氏は言っていた。

 

ソニーの乃木坂46や欅坂46は、「劇団」と「アーティスト」という点を制作面では意識しているようだ。

 

ソニーミュージックの「アーティストマネージャー」は「変人、募集中」。

 

 

「アンダーグループ」のけやき坂46は、「個性派セミプロ集団」だと思う。

 

 

けやき坂46の「エンターテインメント集団」としての「面白さ」と、「革命」の「未来」はあるような気もする。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com