グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46のシングル表題曲のWセンターの可能性について

欅坂46のシングル表題曲のWセンターの可能性について思うことがあった。

 

今は、欅坂46はシングルの表題曲のセンターは、 平手友梨奈さんで「絶対的センター」と呼ばれているようだ。

 

秋元氏は、欅坂46には力が入っているし、平手さんは表現力がすごいものがあるので、センターからしばらくは外れないと思う。

 

欅坂46の曲は、格好良いけど、暗い感じもする。

 

だから、そのうち悲壮感や閉塞感が出やすいような気もする。

 

なんとなく、今後は「ロック路線」の曲もあるかも。

 

ロックミュージカルの要素も入ってくるかも。

 

 

 

選抜メンバーは、現在21人と多く、テレビでは平手さんとその他いろいろになりやすいような気もする。

 

だから、個性が発揮しづらい部分があるような気もする。バラエティでも結果を出しづらいし、バラエティで活躍しても必ず人気が出るわけでもない。

 

平手さんの「絶対的センター」は続くと思うけど、Wセンターの可能性はあるのだろうか。

 

平手さんと誰かのWセンターや、平手さん以外のWセンター。

 

平手さん以外のWセンターの場合でも、平手さんが2列目センターになると、実質センターのようになる可能性もあるかも。

 

振り付けやフォーメーション的には、そういう可能性もあるのかもしれない。

 

欅坂46の「革命的フォーメーション」はあるのだろうか。

 

 

「センター」という概念も「革命」するかも。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)のセンターは、個人的には誰でも良いと思う。

 

追加メンバーをいきなりセンターにしても良いと思う。

 

追加メンバーに、素人アイドル系の人がいれば、良いと思うけど。

 

カップリング曲なので、別に良いと思うし、ファンも「あ~、ひらがなはそれもアリかも」と思うかも。

 

まあ、井口さん、加藤さん、齊藤さんは単独センターはまだ温存してほしい。あと、高本さんも。

 

ひらがなの場合は、センターとMVに多く映る人が、欅坂46以上に違うと思う。

 

長濱さんは兼任なので、「絶対的センター」感があまりないと思う。

 

 

乃木坂46もそうだけど、欅坂46もけやき坂46も「劇団」の団体芸だと思う。