グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)の楽曲について

欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)の楽曲について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

欅坂46の2枚目シングルの「世界には愛しかない」のカップリング曲のけやき坂46「ひらがなけやき」(センター:柿崎芽実・長濱ねる)。

 

欅坂46の3枚目シングルの「二人セゾン」のカップリング曲のけやき坂46「誰よりも高く跳べ!」(センター:柿崎芽実・長濱ねる)

 

欅坂46の4枚目シングルの「不協和音」のカップリング曲のけやき坂46「僕たちは付き合っている」(センター:長濱ねる)

 

欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』のけやき坂46「永遠の白線」とひらがなユニット「沈黙した恋人よ」。

 

 

「誰よりも高く跳べ!」はやや奇妙な曲だけど、けやき坂46は、基本的にはシンプルな曲が多いような気もする。

 

「ひらがなけやき」、「誰よりも高く跳べ!」(MV)、「僕たちは付き合っている」、「永遠の白線」は、「学園青春モノ」だと思う。

 

 

欅坂46も「学園モノ」はあるけど、けやき坂46の方が、より直接的でダサい感じもする。

 

 

「永遠の白線」と「沈黙した恋人よ」って、どういう意味なんだろうか。

 

 

特に「永遠の白線」が気になる。

 

アルバムのタイトルが『真っ白なものは汚したくなる』なので。

 

 

「沈黙した恋人よ」って、「当て書き」なら、どういう意味なんだろうか。

 

 

「僕たちは付き合っている」は、その後、追加メンバー発表という「サプライズ」があったからなあ。それ以外にも「サプライズ」があるかも。

 

 

やっぱり、けやき坂46は「ひらがなけやき」だから「わかりやすい」ので、秋元氏の中では「シンプル」なものになるのだろうか。

 

運営構造的にも、欅坂46はソニーの色が乃木坂46よりも強く、「Y&N」の影響力も強いらしい。

 

秋元氏的には、欅坂46には平手さんもいるし、利権的にもやりやすい部分があるのかもしれない。

 

秋元氏は欅坂46には力が入りすぎていると思う。「複雑で難解」。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「ひらがな」だから、「シンプル」で「わかりやすい」ものになりやすいと思う。

 

そうなると、秋元氏の本当にやりたいことが見えることもあるかも。

 

 

「アンダーグループ」なので、「闇」もある。

 

でも、AKB48グループや乃木坂46の「アンダー」とは、違う。

 

 

けやき坂46が面白いのは、少しずつ曲や人数が増えていくことだと思う。

 

だから、じわじわ来るし、「どうなるのか、わからない」。

 

なんか、直観的に変な感じもする。

 

 

『真っ白なものは汚したくなる』か。

 

高本彩花さんのサイリウムカラーは、「緑×白」。

 

「緑」は、欅坂46のイメージカラーの中心。

 

高本さんは、個性派集団のひらがなメンバーの中では「何も持ってない普通の素人キャラ」。

 

『真っ白なものは汚したくなる』と「永遠の白線」。

 

なんで、ひらがなの衣装が「白」なんだろうか。

 

これは、フラグかも。

 

まあ、まだよくわからないけど。

 

 

www.keyakizaka46.com