グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの「素人革命」について

けやき坂46(ひらがなけやき)の高本彩花さんの「素人革命」について思うことがあった。

 

秋元グループの「普通の素人キャラ」というのは、「リアル感」と「親近感」が大事なのかもしれない。

 

まあ、握手アイドルではそういう要素が大事だと思う。

 

あと、歌もダンスも身長もルックスもトークも「普通」であるということだろうか。

 

でも、微妙なズレは大事だと思うけど。「意外性」か。

 

 

秋元氏は、これから流行るものは「わからないもの」と言っていたと思う。

 

これは意外性だったり、予定調和を壊すということだったりするかも。

 

だから、「運」の要素はかなり強いと思う。

 

「カオス(神)」かなあ。

 

エンターテインメントは、「どうなるのかわからない」という部分が大事だと思う。

 

秋元氏は「見たことがないものが良いもの」とも言っているので、けやき坂46の「新しい挑戦」は間違っていないと思う。

 

「挑戦」だから、「どうなるのかわからない」と思う。だから、面白い。

 

 

秋元氏は「適当で面白そうなものがある」というものも大事にしているらしい。

 

「適当」は、「いい加減」という意味もあるけど、「ちょうど良い」という意味もある。

 

だから、「普通」。

 

秋元氏は「リアル感」も大事にしていると思う。

 

だから、「素人」が好き。

 

 

秋元氏は、「自分も面白いと思わない限り、ターゲットが誰であれ、面白いものにはならない。コンテンツが当たる時はドミノ倒しのように広まる。まず自分が倒れないと他には誰も倒れない」

 

「自分も倒れるくらい面白くなければだめだった」ということは、「死ぬ気で努力する」ということと、つながっているのかもしれない。

 

 

「一昔前の学園ドラマみたいで恥ずかしいモノ」が受けるのかも。

 

けやき坂46の曲は、そういう部分もあるような気もする。

 

そうなると、「普通のJKキャラ」が有利な部分があるような気もする。

 

 

秋元氏は、「刺さるコンテンツじゃないとだめだ」ともよく言っているらしい。

 

高本さんは、「弓道キャラ」。でも上手くはないと思うけど。早気だし。

 

GWのSR配信では、高本さんは25万円以上も使った超重課金者が出現したけど、「刺さる」というのは、そういうことかもしれない。

 

「人の心をつかむ」か。

 

やっぱり、人気は大事だと思う。

 

 

秋元氏は「AKBのコンセプトというのは、ユニークなフォーマットです。僕は先のことは考えない」とのこと。

 

その結果、どうなったのかという話もいろいろとあるけど。

 

 

秋元氏は、「大事なのは、火がついた時にコントロールしないこと」と言っているけど、創業期のソニーも「燃える集団」で「コントロールしないこと」を大切にしていたと思う。

 

 

秋元氏は、「当たるわけない、と考えられているものの中に必ずヒットが生まれる」とも言っている。

 

ダメだったこともあるような気もするけど。

 

 

「みんな、AKB48が持っている不思議なエネルギーに魅了されるんです」とのこと。

 

その「不思議なエネルギー」が本当に凄いと思う。

 

その「不思議なエネルギー」は、AKB48だけではなく、秋元グループにあると思うけど。

 

 

秋元氏は、一部のファンを「モンスターペアレンツ」と言っていた。

 

秋元グループの一部のファンは、「モンスター(化け物)」だと思う。

 

でも、それを作り出したのは秋元氏だと思うけど。

 

 

『夕やけニャンニャン』が秋元氏のアイドルの原点だろうか。

 

「ニャンニャン」だから、やっぱり「2020年」がポイントになりそうな気もする。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

「2」が大事かも。

 

秋元康氏は、1958年5月2日生まれ。

 

「48」の「8」と、「46」の「6」にも意味があると思う。

 

「8」がガチ(「48」)で、「6」がフィクション(「46」)かも。

 

AKB48が「劇場」で「体育会系」、乃木坂46が「劇団」が「文化系」。

 

秋元氏は、初期のAKB48は「弱小野球部」を意識していたらしい。「ドラフト会議」か。

 

けやき坂46は「弱小サッカー部」かなあ。

 

けやき坂46は「劇場(ライブ)」で「体育会系」と「劇団(ネタ)」で「文化系」の融合。


 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

 

伝説の番組『夕やけニャンニャン』。

 

 

『夕やけ』か。「夕」と「やけ」。「やけ」と「けや」。

 

 

 

あれ?

 

 

なんか変な感じがする。

 

 

まあ、よくわからないけど。

 

 

 

まあ、とにかく秋元氏は「面白いもの」が好きだと思う。

 

その「面白いもの」は、「わからないもの」だと思う。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、この夏に「追加メンバー」が加入するから、「どうなるのか、わからない」。

 

けやき坂46は、秋元グループでは唯一の「アンダーグループ」だから、「どうなるのか、わからない」。

 

けやき坂46は、「エンターテインメント集団」を目指すらしいから、「どうなるのか、わからない」

 

 

「どうなるのか、わからないキャラ」も大事かも。

 

井口さんや齊藤さんは「どうなるのか、わからないキャラ」っぽいけど、個性的なので、「わかりやすい」部分もあるような気もする。

 

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」だから、「わかりやすい」部分もある。

 

 

高本さんは、個性派集団のひらがなの中では、歌もダンスも身長もルックスもトークも人気も「普通」で、「何も持っていない普通の素人キャラ」だから、「わかりづらい」部分もある。

 

高本さんは、「隠れ運営推し」という「ステマキャラ」だから、「わかりづらい」部分もある。

 

ソニーは、「ステマ」は「伝統芸」みたいなモノだし、好きだと思う。「事情通」とかいるし。

 

アイドルは「フィクション」だと思う。

 

 

ひらがなのSR配信オーディションの時、「なんで、6番(高本さん)が、2位で人気があるの?」と感じた人もいたと思う。

 

ひらがなのSR配信オーディションの時、6番(高本さん)には「25万円以上使った超重課金者」がいて、ファンから「なに、あのヤバい奴(超重課金者)、頭がアレなのか(笑)」と話題になっていた。

 

 

個人的には、高本さんは「なんかよくわからないけど、本当に面白い」と思う。

 

 

「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」という「いつも同じパターン」だから。

 

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

 

欅坂46は、「革命は宿命」とか言っている。

 

 

高本さんは、「素人革命」かも。

 

 

まあ、アイドルは「フィクション」だと思う。

 

特に坂道46グループは、AKB48と違ってガチの要素よりも、「劇団」の要素が強いと思う。

 

 

欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)は、「強烈なネタ」だと思うけど。

 

けやき坂46は、「運」だから、「どうなるのか、わからない」。

 

 

秋元氏は、「黄金の運」だから「面白い」と思う。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

秋元氏は、「黄金の運」の「うんこや」だし。

 

「運小屋」。

 

「小屋」は「劇場」と「劇団」。

 

秋元氏は「ライブ」と「劇団」が好き。「ライブ神」。

 

「小屋」は、ひらがなけやきメンバーの「原点」である「SHOWROOM(見せ物小屋)」。

 

「黄金」は、「金」と「糞」。

 

「運」は「カオス(神)」。

 

「神曲」と「クソ曲」。

 

 

けやき坂46が、秋元グループで、なんかよくわからない意外な変な「サプライズ」を起こして、一発当たれば、エンターテインメントとしては、本当に「面白い」と思う。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

けやき坂46の高本彩花さんは、「何も持っていない普通の素人キャラ」で、「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」という「いつも同じパターン」で、「驚異的な運」があって、「どうなるのか、わからない」から、圧倒的に「面白い」。

 

 

 

www.keyakizaka46.com