グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46とけやき坂46の「KEYABINGO!3」での「勝負」について思うこと

欅坂46とけやき坂46の「KEYABINGO!3」での「勝負」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

まあ、けやき坂46はこの夏は「勝負」だと思う。

 

ひらがな追加メンバーも入る。

 

 

兼任の長濱さんは心身の負担が強いから、精神的にきついと思う。

 

最近はゴタゴタがあったけど、アレは仕方がないと思う。

 

まあ、あと1ヶ月もしたら、ファンも忘れる人も多いと思うけど。

 

SR配信で複数配信はリスクがあるのは、AKB48グループでもよくあるので、仕方がないこともある。

 

 

「KEYABINGO!3」では、欅坂46とけやき坂46はSNS対決する。

 

けやき坂46の方が、バラエティには強い部分がある。

 

ガチのマジで「勝ちに行く気持ち」が大事だと思う。

 

秋元氏が見ている可能性もある。

 

絶好のチャンスだと思う。

 

ひらがなメンバーは、この「チャンスの順番」は逃すことができないと思う。

 

漢字欅メンバーは大人数だし、ハードスケジュールだから疲れているメンバーも多いと思う。

 

ひらがなメンバーは、兼任の長濱さんを除くと体力的には余裕があると思う。

 

次週『60分間耐久ダンス』に挑戦するらしいけど、ひらがなは体育会系でもあるので、体を張るのは当然かも。

 

 

SNS対決は、メディア露出が少ないけやき坂46の方が圧倒的に不利な状況だけど、だからこそチャンスがある。

 

兼任の長濱さんもいるので、勝負はわからない。

 

漢字欅メンバーは、バラエティは弱い部分がある。

 

 

ひらがなの方が「知力」と「体力」と「運」があるかも。

 

そして、人数が少ないから、「団結」もあると思う。

 

 

正直、負けた方がバラエティ的にはおいしいかも。罰ゲームだし。

 

ひらがなの場合は、勝っても負けても「リアクション」次第では、イメージ的に有利な部分がある。

 

 

あくまでメインは、欅坂46(漢字欅)だと思う。

 

けやき坂46は、アンダーグループだし、悪役かも。

 

でも、最近の欅坂46は暗い曲が多いから、悪役のイメージも強い。

 

最近のけやき坂46の方が、爽やか路線。

 

 

けやき坂46は、「負け戦」だと思う。

 

でも、これはいつものパターン。

 

努力と工夫と熱意と知性とセンスと意外性で、逆転できる可能性がある。

 

だから、ひらがなは、エンターテインメントとしては本当に面白い。

 

「逆転のシナリオ」は最高に面白い。

 

でも、「対決に負けても、勝負に勝つこともある」と思う。

 

 

欅坂46のアンダーグループのけやき坂46は、「強敵にはなかなか勝てないけど、負けることはない」かも。

 

 

欅坂46が「巨人」で、けやき坂46が「調査兵団」かも。

 

欅坂46が「戦士」なら、けやき坂46は「兵士」かも。

 

 

 

けやき坂46は、 「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」かも 。