グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

欅坂46とアンダーグループのけやき坂46(ひらがなけやき)の差について

欅坂46とアンダーグループのけやき坂46(ひらがなけやき)の差について思うことがあった。

 

欅坂46と、アンダーグループのけやき坂46(ひらがなけやき)の差は結構ある。

 

でも、最近では漢字欅メンバーの一部よりも、ひらがなメンバーの一部の方がグラビアに出ていることもある。

 

ひらがなもタイアップはいろいろとある。ライブもやっている。

 

テレビもラジオもチャンスが少ないけど、出始めている。

 

「けやかけ」も「KEYABINGO!3」もファンに対する影響力は強いけど、関東ローカルの深夜番組である。

 

バラエティで活躍しても、必ず人気が上がるわけでもない。

 

 

あくまでメインは、欅坂46(漢字欅)だと思う。

 

ひらがなメンバーは、ネタキャラ集団だけど、セミプロ系が多い。

 

今はひらがなメンバーは、人数が少ないのでわかりやすい。

 

 

けやき坂46は、音楽番組には、ほとんど出ていない。

 

アンダーグループなので、仕方がないと思う。

 

音楽番組に出る経験は大事だけど、大人数の口パク集団なので、どの程度活躍できるかわからないし、個別握手人気が上がるかわからない。

 

 

音楽番組は、Mステの存在は大きいと思うけど、MCのタモリさんが番組を卒業したら、Mステの価値が低下する可能性があるし、番組終了の可能性もある。

 

今のMステのスタイルも、あと数年だと思う。

 

そうなると、春夏秋冬の大型音楽番組がメインになると思うけど、秋元グループは大人数で口パクでパフォーマンスも安定しないことが多いし、ネタ要員になっている部分があると思う。

 

 

秋元グループは、国内だけでも、AKB48(チーム8含む)、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48、乃木坂46、欅坂46(けやき坂46)で8グループもある。

 

テレビ、ラジオ、グラビアなどのメディアの仕事は限られている。

 

コンサート以外だと、モデル、女優(主に舞台)、タレント仕事という感じか。

 

 

秋元氏は現在59歳だけど、65歳を超えてくるといろいろと今の仕事のペースではきつくなってくるのではないかと思う。あと6年くらいか。2023年か。

 

3年後の2020年の東京オリンピックは、ターニングポイントかもなあ。秋元氏は深く関係しているし。

 

秋元氏がやりたいことは、「アイドル世代交代(乃木坂46の世代交代の挑戦)」と「アイドルの革命(欅坂46)」と「声優アイドルグループ(アニメ関係の仕事)」かも。

 

秋元氏は、子ども向けの仕事もやりたいと思うけど。

 

元々、アイドルもアニメも子ども向けのものだと思うけど。

 

「アイドルの革命(欅坂46)」というのは、何をやるのかわかりづらい部分がある。

 

欅坂46の今の格好良い路線は、暗いので閉塞感や悲壮感が出やすいと思うけど、「ロック路線」で行くこともあるのだろうか。

 

けやき坂46は、アンダーグループ。「ひらがなけやき」。

 

 

秋元グループの握手アイドルが人気があるのは、「秋元康プロデュース」の影響力が大きいと思う。

 

秋元グループは、秋元氏じゃないと、ダメだと思う。

 

秋元氏の「放送作家のノウハウ」と「高い作家性」か。

 

「エンターテインメントは意外性が基本」で、「サプライズ」で「予定調和を壊す」か。