グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

ひらがなけやきユニット曲の「沈黙した恋人よ」は、「神曲」なのだろうか

欅坂46のファーストアルバムの「真っ白なものは汚したくなる」TYPE-A収録のけやき坂46(ひらがなけやき)ユニットの「りまちゃんちっく」の「沈黙した恋人よ」(杉山勝彦氏の作曲)は、「神曲」なのだろうか。

 

歌唱メンバー

潮紗理菜 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 高本彩花

 

ひらがなけやきユニット曲の杉山勝彦氏の作曲の「沈黙した恋人よ」が評判が良いらしい。

 

「沈黙した恋人よ」は、乃木坂46風の曲と言われているらしいけど、それは杉山勝彦氏の作曲だからと思う。

 

 

ボーカルは、わかりやすいと思う。

 

潮さんが高音ボーカルで、齊藤さんが低音ボーカルが基本なので、わかりやすい。潮さんと齊藤さんはダンスパフォーマンスもダイナミックなところがあるし、声やキャラも特徴がある。

 

佐々木久美さんのボーカルは安定感が一番あると思う。佐々木久美さんは歌、ダンス、トークの能力が基本的に高く、安定感がある。リーダーポジション。

 

加藤さんのボーカルは、個人的には前から良いと思っていた。加藤さんはオーラやビジュアルやキャラも含めてポテンシャルが高いと思う。

 

 

まあ、高本さんのボーカルは素人感もあり、はっきり言って「普通」なんだけど、声が乃木坂46の西野七瀬さんに近く、歌い方がAKB48グループの指原莉乃さんに近いという秋元グループ的にはとんでもないタイプだと思う。

 

高本さんは、乃木坂46とAKB48の融合型の最先端のアイドルだと思う。

 

高本さんは、西野さんよりはネタキャラ色が強く、指原さんよりはアイドル性が高いというとんでもないタイプだと思う。

 

まあ、高本さんは「普通の素人キャラ」という秋元グループでは「究極のネタキャラ(笑)」なんだけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

ひらがなけやきの曲は、実は良い曲が多い。

 

シンプルな曲が多いけど、「意外性」がある。

 

けやき坂46は、乃木坂46風の曲もできると思うし、AKB48風の曲もできると思う。

 

正統派アイドルソングから、変なネタ曲までできると思う。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」だから良い。

 

 

ひらがなけやきは、歌とダンスのレベルが高いメンバーが多いし、キャラも濃く、バラエティに強いメンバーが結構いる。

 

さらに知性があり、「外国語メンバー」もいる。

 

「新しい挑戦」を行っているので、世界のソニーグループの最先端の育成システムを経験している。

 

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、「AKB48(劇場・体育会系)」と「乃木坂46(劇団・文化系)」の融合という感じがある。

 

「誰よりも高く跳べ!」のMVでは、「文化系メンバー」と「体育会系メンバー」に別れていた。

 

「けやき坂46」の「誰よりも高く跳べ!」は、「あの国民的アイドルグループだったSMAP」の曲に近いという意見もある。

 

 

「けやき坂46」は、秋元氏の「放送作家のノウハウ」と「高い作家性」を融合したグループ。

 

ソニーのコンセプトである「最先端」の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合。

 

 

秋元康氏は、「けやき坂46」で何かをやる可能性がある。

 

あの秋元氏が何も考えていないとは思えない。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

けやき坂46は、どうも何か変な感じもする。

 

原点であるGWのSR配信オーディションの時から、胡散臭い感じもした。

 

ひらがなメンバーの一部は、なんか明らかにおかしいところがある(笑)。

 

別に悪いことではないけど。

 

 

欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、ソニーのSDグループのオーディションと育成システムような「複雑で難解」な「謎」があると思う。

 

 

ひらがなメンバーは、いずれ必ず「真実」を知ることになる。

 

だから、ひらがなメンバーは「真実を隠している壁」を突き破ってほしい。

 

それが、「予定調和を壊すこと」と「サプライズ」なのかもしれない。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

まさに、「誰よりも高く跳べ!」という感じかも。

 

 

「けやき坂46」は、「革命は宿命」という「強烈なネタ」かも。