グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

「けやき坂46」と「ひらがなけやき」と「アンダーグループ」について

「けやき坂46」と「ひらがなけやき」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46のアンダーグループ。

 

欅坂46は、漢字欅メンバーがいるけど、「漢字欅」というのはグループ名ではない。あくまで「欅坂46」。

 

けやき坂46は「ひらがなけやき」と呼んだり、「ひらがなけやき坂46」と呼ぶことがある。

 

「ひらがなけやき」と呼ぶ場合は、「46」の「数字」が入っていない。

 

秋元グループでは、「アンダー」という概念はAKB48グループでも乃木坂46でもあるけど、「アンダーグループ」は「けやき坂46(ひらがなけやき)」だけ。

 

 

「けやき坂46」は「ひらがなけやき」と呼ぶけど、これは秋元グループでは「数字の入ってないグループ」になる。

 

「ひらがなけやき」は、秋元グループでは「新アイドルグループ感」がイメージとしてあると思う。

 

 

でも、「ひらがなけやき」は、「ひらがなけやき(笑)」とか「ブス集団」とか「いらない」とか「かわいそう」とか笑いものにされて、バカにされている。

 

AKB48は、最初は地下アイドルグループだったし、笑いものにされて、今でもバカにされている部分がある。「お騒がせ集団」というイメージもある。

 

乃木坂46は、AKB48の公式ライバルという設定だし、AKB48グループにはいろいろと仕事で最初からお世話になっている。

 

欅坂46は、坂道シリーズ第2弾で乃木坂46にもAKB48グループにも仕事で最初からお世話になっている。

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46の「アンダーグループ」である。

 

 

ひらがなけやきは、GWにSR配信オーディションを秋元グループでは初めて行っているし、その他にもライブなどでは秋元グループでは、グループとしては「タップダンス」や「ポイ」や「洋楽」などの「新しい挑戦」を行っている。

 

さらに、「けやき坂46」はグループとして「ひらがなけやき」という曲が最初の曲になるし、早い段階で曲をもらって、握手会にも参加している。

 

ひらがなは、4枚目シングルではジャケットに参加しているし、デビューして約1年でアルバムにも参加していて、一部のメンバーはアルバムでユニット曲にも1~2曲参加している。

 

これは、秋元グループでは「異例」のことだ思う。

 

乃木坂46の3期生よりも恵まれている部分がある。

 

 

ひらがなけやきメンバーは、兼任の長濱さんを除ければゴリ推しではない。

 

でも、学業との両立がある程度はできると思うし、能力的には段階的に仕事をしていけるので、推され方としては「適当」な部分がある。

 

握手人気が高いメンバーは優遇されるのは当然だと思う。

 

秋元グループのアイドルの育成システムとしては良いものだと思う。

 

 

ひらがなけやきは、秋元グループで、しかも世界のソニーグループなので恵まれている。

 

曲数は少ないし、カップリング曲だけど、レア感があるし、そこにパフォーマンスを集中することができるので、パフォーマンスのレベルは上がりやすいし、体力的にも温存できる部分がある。

 

欅坂46の曲も、「アンダーグループ」として「カバー」することもできる。

 

 

秋元グループでは、カップリング曲でも、タイアップがつく可能性がある。

 

ひらがなメンバーは歌やダンスが上手いメンバーが多いし、個性という名の特殊技能を持っているメンバーが多い。

 

 

最近の秋元氏は、欅坂46は力が入りすぎていると思う。

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は「アンダーグループ」なので、秋元氏の力がうまく抜けている部分があるような気もする。

 

「ひらがなけやき」なので、「わかりやすい」部分があると思う。

 

そこが、「けやき坂46」の有利な部分だと思う。

 

アルバムのけやき坂46の「永遠の白線」はシンプルな青春学園モノだし、良い曲だと思う。

 

ひらがなけやき新ユニット「りまんちゃんちっく」による新曲『沈黙した恋人よ』は、作曲が杉山勝彦氏でかなり良いのが、わかりやすい。

 

個人的にはひらがなには、ゆるくてわかりやすいネタ曲をやってほしいけど、追加メンバーも入るし、それはもう少しあとの話になるかも。

 

 

ひらがなは、バラバラ感はあるけど、キャラが濃いので、カオス感もある。

 

秋元グループでは、「カオス(神)」は大事だと思う。

 

 

ひらがなメンバーは、少ないチャンスで結果を出さないといけないので、プレッシャーもかかりやすいけど、結果を出せば、バカにされていたり、期待されていない分、逆に評価が上がりやすい。

 

ひらがなメンバーは今は人数が少ないので、キャラが個性的でわかりやすく、坂道グループが弱いバラエティでは期待されている部分がある。

 

バラエティは、放送作家出身の秋元氏の企画モノネタアイドルグループでは、重要だと思う。

 

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46の「アンダーグループ」である。

 

 

ソニーSDの育成システムとオーディションは「複雑で難解」。

 

欅坂46の「欅」の字も「複雑で難解」。

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」も、グループ名称が「複雑で難解」な部分もあるけど、「ひらがな」なので、「わかりやすい」。

 

 

「ひらがなけやき(笑)」で「ブス集団」で「賛否両論」で、良いと思う。

 

企画モノネタキャラ集団である秋元グループの中では、ダサいし、最先端だと思う。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

高本さんは、「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」という「いつも同じパターン」。

 

高本さんは、歌もダンスも身長もルックスもトークも人気も普通。

 

高本さんは、「くだらないマシンガントーク」と「最先端の握手」と「誤字脱字だらけのブログ」。

 

高本さんは、「普通の素人キャラ」だから、面白い。

 

 

「けやき坂46」は、「運」の要素がかなり強い。

 

ラジオの放送作家出身の秋元氏の企画モノネタキャラアイドルグループでは、超王道路線だと思う。