グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と「笑いの要素」について

けやき坂46(ひらがなけやき)と「笑いの要素」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

兼任の長濱さんは特別の立場なので、除く。

 

最近のひらがなは、格好良い欅坂46に対して、「かわいい系路線」と言われているけど、それは無理があると思う。

 

「アンダーグループ」のひらがなけやきは、「AKB48風」とか「ブス集団」とか「いらない」とか「かわいそう」とか言われていて、「賛否両論」だった。

 

そもそも原点であるGWのSR配信の頃から、キャラは濃いし、異常な感じもした。

 

だから、最近のひらがなが「かわいい系路線」というのは、個人的には違和感がある。

 

まあ、兼任の長濱さんが「優等生風ゆるキャラ」だし、「ひらがな」なので「かわいい系路線」というのは理解できるけど。

 

 

AKB48は、クリーチャー系のオタクが集まる秋葉原の劇場公演の「地下アイドル」で、「グロいコスプレ集団」と言われることもあった。

 

秋元氏は昔から、「変なことをやるのが好き」だと思う。

 

初期のAKB48は、秋元氏は「ショーパブ」を意識している部分があったと思う。「ヘビーローテーション」でもそういうところがあったと思う。

 

乃木坂46は、そのAKB48の公式ライバル設定で、初期の頃は茶髪メンバーやヤンキーキャラや中二病キャラもいたので、「清楚」なんてイメージは無理があると思う。

 

一時期の乃木坂46は「不倫のアイドルグループ」というイメージもあった。

 

それで、坂道シリーズ第2弾の欅坂46で、さらに「アンダーグループ」のけやき坂46。

 

ひらがなは、「おまけ感」がある。「追加」メンバーもそうだけど。

 

秋元グループは、CDを握手で売っている部分があるけど、握手はCDの「おまけ」である。

 

その「おまけ」が、CDを超えている部分がある。

 

 

これは「ネタ」だと思う。

 

 

けやき坂46は「アンダーグループ」なので、「グロい」ところはあると思う。

 

ひらがなのSRオーディションはゴールデンウィーク(黄金週間)に行われている。

 

秋元氏は、1958年5月2日生まれで、ゴールデンウィーク(黄金週間)の「中日」。

 

ひらがなメンバーの多くは、SRオーディションで「運」と「金」の力で合格した部分があると思う。

 

秋元氏は、「黄金の運」を持っている人だと思う。「うんこや」だし。

 

 

それに、一部のファンからはまだ乃木坂46の3期生や漢字欅メンバーと比較されて、「あ~、ひらがなけやき(笑)」と笑いものにされて、バカにされている部分があると思う。

 

ひらがなけやきは、そういうグループなんだと思う。

 

ネタキャラ集団で、ネタをマジでやっている。

 

秋元グループの企画モノアイドルグループの中では、ダサいけど、最先端だと思う。

 

 

ひらがなメンバーは、バラエティに強い部分があるけど、秋元グループは企画モノのアイドルグループなので、笑いの要素は大事だと思う。

 

井口さんは、秋元グループの新人の中では驚異的なバラエティ能力があると思う。絶妙なバランス感覚がある。それはけやき坂46のMVでもわかる。

 

ひらがなメンバーは、人気メンバーの加藤史帆さんや齊藤京子さんでもネタキャラ色がある。でも、これは良いことだと思う。

 

秋元グループは、大人数グループなので「ガヤ要員」だと思う。

 

秋元氏は、ラジオの放送作家出身なので、「ブログSNSネタ」は基本だと思う。

 

秋元グループはCDを握手で売っているので、「握手」は基本だと思う。

 

 

秋元氏はラジオの放送作家出身だし、作詞でも「なにこれ、ダサい」ということは多い。

 

秋元氏は「エンターテインメントは意外性」とも言っている。

 

 

乃木坂46の「アンダー」はどうしても、グループの構造的なことから悲壮感や閉塞感が出やすいと思う。

 

欅坂46の「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、カップリング曲だけど別グループ感がある。

 

追加メンバーが入るので、なんとも言えないけど、センターとかポジションなんて実はどうでもよかったりする。

 

ひらがなはカップリング曲だから、誰がセンターをやっても良いと思う。兼任の長濱さんは特別の存在なのでなんとも言えないけど。

 

 

個人的には、「けやき坂46」は、井口眞緒さん次第かもしれないと思うこともある。

 

まあ、秋元グループとソニーなので、カップリング曲でもタイアップがつく可能性もある。

 

それに動画再生回数は、海外に対しても影響することがある。だから、「外国語メンバー」の要素は重要になる。

 

今後のひらがなは、タイアップやステマ動画などの関係で、意外な変ことが起きても不思議ではない。

 

「なにこれ、ダサい」は、秋元氏の「いつものパターン」。

 

それに、「ひらがなけやき」なので、「わかりやすい」。

 

 

個人的には、ひらがなは高本さんが人気が出ないとつまらないと思っているけど。

 

理由は、高本さんは「普通の素人キャラ」で「ブログネタ職人」で「握手要員」だから。

 

 

 

www.keyakizaka46.com