グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

ひらがなけやき追加メンバーのお披露目は、8月に行われるのだろうか

ひらがなけやき追加メンバーのお披露目は、8月のスケジュールの間に行われるのだろうか。

 

こんな記事を書いたけど。

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

合格発表は、最終審査が8月11日(祝・金) or 8月13日(日)なので、その日に行われると思う。

 

「ひらがな『追加』メンバー」というのは、イメージ的に「おまけ感」が強いので、追加メンバーは一部を除いて苦戦する可能性もある。

 

そもそも、ひらがな自体がグループとしては、まだ欅坂46の「アンダーグループ」で「おまけ感」があるので、追加メンバーはさらにそのおまけ感が出てしまう。

 

だから、運営推しがある程度は必要だと思う。今のひらがなメンバーはその影響を受けるのは仕方がない。

 

まあ、秋元氏はどのくらい介入するのかはわからないけど。

 

9月26日のZepp Sapporo公演で、ひらがな追加メンバーは挨拶くらいはすると思う。

 

 

追加メンバーの人数が何人になるのかわからないけど、8~10人くらいだと思う。

 

個人的には、追加メンバーなので即戦力タイプを4~6人に絞ってほしい気持ちもあるかも。

 

まあ、素人系はいると思うけど、その割合がどうなるのか。

 

 

今のひらがなメンバーは、歌、ダンス、トーク、特殊技能、キャラなどが秋元グループの中では人数が少ない関係もあるけど、グループとしてはレベルが高いので、追加メンバーは結構大変だと思う。

 

ひらがなメンバーは、最初はファンの一部から「ブス集団」とか「いらない」とか「かわいそう」とか言われていたし。

 

 

ひらがなは、あくまで欅坂46の「アンダーグループ」でカップリング曲だと思うけど。

 

まあ、ひらがなは曲が少ないから、イメージ的に有利な点もあるかも。

 

秋元氏の力も、欅坂46の曲よりも適度に抜けているし。

 

「けやき坂46」は「ひらがなけやき」なので、「わかりやすい」部分があるような気もする。

 

 

ひらがな追加メンバーは、表題曲の欅坂46に憧れて選抜制があると思って加入する人や勘違いして、なんとなく勢いやノリで加入する人もいるかも。

 

スタッフはその辺は、面接時などに説明した方がいいと思うけど、あえて説明しない可能性もあるからなあ。

 

 

欅坂46の運営は、けやき坂46(ひらがなけやき)を「基本は『同じ欅坂46の一員』でありながら、『別のグループとして活動』していくという位置付けです。ただ、けやき坂46で『頭角を現したメンバー』が、欅坂46へ加入するといった動きはあるかもしれません」と言っている。

 

 

欅坂46は、21人選抜でも多いと思うけど、「欅」という字画にこだわっているのだろうか。

 

でも、「サイレントマジョリティー」は20人選抜だったし、よくわからない。

 

 

今後の「けやき坂46」は、兼任の長濱さんと、加藤さんと齊藤さんと井口さんと、ひらがな追加メンバーが鍵を握っていると思うけど。

 

ひらがな追加メンバーの件で、多少理不尽なことが起きても不思議ではないと思う。