グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の18枚目シングルのアンダーメンバーについて

乃木坂46の18枚目シングルのアンダーメンバーについて思うことがあった。

 

伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、北野日奈子、斎藤ちはる、斉藤優里、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、能條愛未、樋口日奈、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあや

 

アンダーライブ『九州シリーズ』の出演メンバーは、今のところ3期生はいない。

 

アルバムのツアーをするために、歴代アンダーセンターを集結させた意見もあるけど、それは結果的にそうなっただけだと思う。

 

アンダーメンバーを見ると、どうしても「アンダーオーラ」があるような気もする。

 

17枚目シングル『インフルエンサー』の選抜メンバーから、今回はアンダー行きになったメンバーは、握手人気が高いと言っても、それは乃木坂46の勢いと人気効果の影響が強いので、なんとも言えない部分があるかも。

 

 

中元さんは、体調不良の件があるし、個別握手会に参加しないのでなんとも言えない。

 

北野さんは、最近は勢いが落ちていると思ったし、モチベーションが低いと思った。今回の選抜落ちも関係があるのかもしれないけど、その前から気になることもあった。写真集の件はどうなんだろうか。

 

寺田さんは、今回はファンから同情的な意見が多い。個人的にも寺田さんは選抜に残してほしかったけど。

 

北野さんと寺田さんは、バラエティでの発言内容でもアイドルとしては少しきついところがあるような気もする。

 

まあ、2期生は全体的にそうなのかもしれないけど。これは育成ではどうにもならない能力的なものかも。

 

先日の2期生のみで行ったライブのファンの反応を見ると、選曲や運営の育成だけではなく、2期生のアイドルとしての能力的な問題もあったかも。

 

 

中元さん、北野さん、寺田さん以外のアンダーメンバーは、厳しいなあと思った。

 

 

山崎怜奈さんは、学業の関係があるので難しいと思う。

 

渡辺みり愛さんは、ラジオの発言などで問題があるかも。

 

伊藤かりんさんは、握手人気が微妙なところがある。

 

 

1期生のアンダーメンバーは年齢やキャリア的にアイドルとしてのフレッシュ感が薄いと思う。

 

2期生は、年齢が若くても、アイドルのキャラ的にもマニアックさや暗い感じがある。

 

 

2期生は、不遇ではないと思う。それなりにチャンスがあったと思う。

 

堀さんと新内さんは結果を出している。

 

堀さんは、人気は2期生ではトップだし、女子人気が結構あるような気もする。まあ、最近はゴタゴタしているイメージが強いけど。

 

新内さんは年長メンバーでOL兼任という立場からここまで来たのは、相当凄いと思う。

 

 

2期生のファンは納得できないかもしれないけど、寺田さんと北野さんは選抜復帰の可能性があるのでなんとも言えない。

 

アンダーセンターは北野さんが担当するのだろうか。モチベーションは気になるけど。

 

個人的には、北野さんはアンダーセンターは担当した方がいいと思っていたけど。

 

アンダーに3期生を入れないのだろうか。アンダーフロントに入れた場合はさらにまずい感じもする。

 

 

7枚目シングル「バレッタ」の堀未央奈さんセンターの時と、今回の18枚目シングルの大園桃子さんと与田祐希さんのWセンターは状況が違うと思う。

 

やっぱり、「乃木坂46の世代交代の挑戦」は必要だと思う。

 

白石さんと生田さんが卒業すると、乃木坂46は厳しいことになると思う。

 

2期生は、イメージ的にアイドルとしてはマニアックさがあるので、難しい部分があるような気もする。

 

3期生も山下さんと久保さんは人気があるけど、その他のメンバーは未知数だし、人気の格差が出ているので、まずい感じがある。

 

 

個人的には、今回の18枚目シングル選抜メンバーに山下さんと久保さんも入れてほしかったけど、大園さんの関係で難しいのかもしれないと思った。