グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

秋元グループのメンバーが、握手会でファンの気持ちをつかむ方法はあるのだろうか

秋元グループのメンバーが、握手会でファンの気持ちをつかむ方法はあるのだろうか。

 

具体的な握手テクニックはあると思う。

 

人気メンバーはある程度は、強めに握るメンバーが多いと言われている。

 

握手テクニックとしては、右手で握った上で、左手でさするなどの方法がある。

 

数秒おきに、握りの力の加減を変える方法もある。

 

手のマッサージに近いのかもしれない。

 

手首の上をロックするのは、有名な握手テクニックだと思う。

 

腕をなでるという方法もあるらしい。

 

「掌こちょこちょ握手」という方法もあるらしい。

 

まあ、握手も奥が深いと思うし、いろいろなテクニックがあると思う。

 

 

一般的には、かなりヤバい感じがすることもあるけど、握手アイドルってそういう部分があると思う。

 

まあ、中高生の女子アイドルが、そういうことをやるのは、どうかなあと思うこともあるけど。

 

だから、危ない部分があるし、問題視されることがある。トラブルも起こりやすくなる。

 

でも、そうしないと今は秋元グループはメンバーの数が多いので、多くのファンを獲得できない厳しい状況なのかもしれない。

 

AKB48の総選挙ランクインメンバーでも、ソログラビアなどの仕事をあまり経験したことがないらしいし、仕事が少ないらしい。

 

 

握手会の依存度も高くなっているような気もする。

 

 

AKB48の48枚目シングル「願いごとの持ち腐れ」は、総選挙投票券付きのシングルだけど、個別握手会が6日、浴衣祭りが1日、7日間の全国握手会が予定されているらしい。

 

個別握手会の6日間は、全グループ・全メンバーの約300名の4部制というとんでもないスケジュールで、真夏に行うし、またトラブルや体調不良のメンバーが増えそうな感じもする。

 

最近のAKB48の全握って、どうなんだろうか。チーム8が勢いがあるみたいだけど。

 

「願いごとの持ち腐れ」は、NHKのタイアップがついているので、全握も力を入れる感じになるのだろうか。

 

 

握手は、「遊び心」や「演技力」が必要だと思うし、楽しんでゲームだと思ってやった方が、メンバーの気持ち的にも良いのかもしれないけど、現実的には性格や向き不向きがあるし、握手時間や握手会の日数や不特定多数のファンのことを考えると、簡単なことではないと思う。

 

メンバーは、モチベーションや集中力を高めることも大変なことだと思う。

 

 

個人的には、握手アイドルの活動期間は3~5年が基本だと思う。特殊なメンバーを除くと、5年以上は精神的にきついし、体調不良の原因にもなると思う。

 

まあ、握手アイドルは、社会的に批判されて当然だと思う。

 

握手アイドルはトラブルが起こりやすい状況になるのは、仕方がないと思う。