グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

これからのAKB48グループについて思うこと

これからのAKB48グループについて思うことがあった。

 

まあ、今年のAKB総選挙は速報は、NGT48のメンバーの活躍というポジティブな出来事から始まったけど、天気のせいとは言っても、沖縄開催の件でゴタゴタして、それで須藤さんの結婚発表という凄いことになったなあと思った。

 

 

今回の総選挙で、9位になった岡田奈々さんがこんなことを言っていた。

 

「ずっと目指していた選抜になり、自分の中で意識や考え方が変わりました」。

 

「これからは私が、私たちの世代がAKB48グループを引っ張っていかなければならないと、そう強く思うようになりグループを全体として見れるようになりました」。

 

「でも、今のままでは明るい未来は作れないんじゃないかなと感じてます」。

 

「今のAKBグループはスキャンダルだったり問題を起こしてそれをネタにしたり話題にしたり、そこで這い上がるメンバーがよく見られます。いいと思うんです。みんなが真面目じゃ絶対つまらないし、そういう人がいてもいいと思ったんですけど、でもそれを真似していいとは絶対に思わないし、自分はマジメにやってもいつか必ず48グループのてっぺんを獲れると信じています」。

 

「まっすぐに頑張っている人が報われるようにグループを変えていきたいです」。

 

「キャプテンとして、STU48のメンバーにとってお手本となるようないい背中を見せたいです。これからはAKB48チーム4の副キャプテン、STU48のキャプテン、それを務めると共に、48グループの風紀委員長を目指してこれからも全力疾走したいと思っています」。

 

個人的には、岡田さんの言っていることは、正しいと思った。

 

 

今のAKB48グループは危機的な状態だと思う。

 

AKB48の象徴的なメンバーの1人である渡辺麻友さんが卒業を発表して、指原さんも来年の総選挙は出ないようだ。

 

山本彩さんや柏木さんも卒業の可能性がある。

 

そうなると、2018年のAKB48の選抜メンバーはかなり微妙になると思うけど。

 

AKB48のメンバーでは、選抜メンバーは横山由依さん(7位)と岡田奈々さん(9位)と高橋朱里さん(11位)しかない状態だし、アンダーガールズや若手(ドラフト生や16期生)を見てもAKB48のセンター候補メンバーが少ないと思うし、キャラ的にも弱い感じがあるかも。

 

チーム8は、別グループ感がある。

 

今後のAKB48のシングルは、STU48のメンバーもAKB48の選抜メンバーに入ると思う。

 

AKB48(チーム8を除く)のメンバーの存在感が薄くなってしまうのは、グループとメンバーの増加から仕方がないと思うけど。

 

 

秋元氏が、今のAKB48グループにどれだけ興味を持っているのか疑問がある。

 

秋元氏は、今は欅坂46に相当力が入っている感じがする。

 

 

欅坂46の7月19日に発売するファーストアルバムは、秋元グループのファーストアルバムとしては新曲が16曲で、全40曲という革命的な作品だと思う。

 

SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」は7月19日に発売するけど、人気と勢いと話題性がある欅坂46のファーストアルバムに新規ファンを持っていかれる可能性が高いと思う。

 

2018年秋はSKE48の10周年だけど。

 

2018年には、乃木坂46も人気メンバーの卒業発表があると思うけど、勢いのある3期生を中心とした「乃木坂46の世代交代に挑戦」する可能性がある。

 

 

秋元グループの「アイドルの世代交代」は、勢いと人気が凄い坂道46グループが中心になる可能性がある。

 

秋元グループ内で、AKB48グループの枠の仕事が、坂道46グループに変わってきている。

 

 

AKB48グループは、2018年はSTU48のデビューシングルがリリースされると思う。センターも重要だけど、それ以上に支配人の指原さんとキャプテンの岡田さんが重要な存在になると思う。

 

 

指原さんの文春の件は、そんなにたいした話じゃないと思う。その件は研究生時代の話だったと思うし、昔の指原さんの問題があった時代は、まだAKB48はブレイクしていなかったし、地下アイドル感があり、恋愛禁止ルールも今よりも曖昧だったと思う。昔からAKB48はグロい話は結構あったし。

 

それに、指原さんの文春の件がなかったら、HKT48はどうなっていたのだろうか。

 

 

岡田さんの「今のままでは明るい未来は作れないんじゃないかなと感じてます」と「まっすぐに頑張っている人が報われるようにグループを変えていきたいです」という言葉は、今のAKB48グループにとっては大きいものだと思う。

 

 

秋元氏がAKB48を作ろうと思ったのは、たまたま「ショーパブのショー」を見ていて「僕が作った方が面白いだろうな」と思ったのが、きっかけらしい。

 

秋元氏は「AKB48は素人集団で、バラバラだからいい。皆が同じだったらつまらない」や「AKB48は適当にダラダラやるのが面白い」と言っている。

 

秋元氏は、「『見たことのないものを見たい』という大衆の心理はいつの時代も同じ」と言っているし、「予定調和」を壊すような「サプライズ」が好きだと思う。

 

さらに、元AKB48総支配人が「AKB48は賛否両論であるべき」で「話題にならないのが一番悲しい」と発言している。

 

 

個人的には、今のAKB48はチーム8を含めて可愛いメンバーやルックスの良いメンバーはそれなりにいると思うけど、キャラやオーラがイマイチな感じもする。なんかさっぱりしているような気もする。

 

今のAKB48は、プロ意識を持ったグロさや胡散臭さがあるキャラの濃いメンバーが少ないような気もするし、利権や握手人気や総選挙重視傾向が強いので、そういう個性的なメンバーが人気が出にくい感じがある。

 

AKB48は劇場公演が基本だと思うけど、卒業生の増加でチーム感が薄くなり、特別公演が多くなり、さらに独自色が強いチーム8や研究生の16期生もいるので、一体感が出にくく、なかなか難しいなあと思うことがある。