グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)と「競争の要素」と「ユニットの構成要素」について

けやき坂46(ひらがなけやき)と「競争の要素」と「ユニットの構成要素」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

欅坂46の1stアルバムが7月19日に発売することが発表されたけど、ひらがなメンバーはユニットに選ばれたメンバーとそうではないメンバーの差が出ている。

 

ひらがなメンバーは参加ユニットはこんな感じ。

 

ひらがなユニット(潮、加藤、齊藤、佐々木久美、高本)

漢字ひらがな混合ユニット(菅井、守屋、加藤、佐々木久美)

 

漢字ひらがな混合ユニットは、菅井さんがキャプテン、守屋さんが副キャプテンで、佐々木久美さんがひらがなのリーダーポジションで、加藤さんは握手人気の高さという感じだろうか

 

ひらがなユニット(潮、加藤、齊藤、佐々木久美、高本)は、イメージ的には大人組の握手人気の高いメンバーという感じだろうか。

 

 

秋元氏は「過剰競争は時代遅れ」と言っているけど、欅坂46は漢字欅メンバーの21人で表題曲を担当して、さらにフロントも経験しているメンバーも多い。

 

漢字欅メンバーは、今は過剰競争はないのかもしれないし、それでグループとしては一体感があるのかもしれない。

 

 

欅坂46の「アンダーグループ」のけやき坂46(ひらがなけやき)は、ゴールデンウィークのSHOWROOMの個人配信オーディションの時から、競争の要素はあった。

 

秋元グループは、握手でCDを売っているので、握手人気が高いメンバーが優遇されるのは当然だと思う。

 

残酷かもしれないけど、これは仕方がない。

 

 

ひらがなユニット(潮、加藤、齊藤、佐々木久美、高本)の5人はこんな感じ。

 

 

潮紗理菜さんは、歌、ダンス、トークが上手く、キャラも特徴があるし、声も良い。握手人気も急上昇している。外国語メンバーでもある。GWのSR配信は不参加の合格者で順位はなぜかビリだった。お披露目は後列端。候補生番号は8番。「48」の「8」。

 

8は、漢字で「八」と書くと「下の方」が広がる事から「末広がり」を意味し、日本では「幸運」とされる。

 

ひらがなけやきの合格発表は5月8日なので、候補生番号は8番の潮紗理菜さんは、運が良いのかもしれない。

 

潮さんは、GWのSR配信は不参加で、しかも推されずに握手人気を上げたタイプなので、実力者だと思う。「ひらがなのダークホースポジション」。

 

 

加藤史帆さんは、わかりやすいビジュアル系キャラで、キャラも濃い。オーラもある。握手人気は兼任の長濱さんの次に高く、驚異的な人気がある。推されるのは妥当だと思う。

 

加藤さんは、漢字欅メンバーにもプレッシャーをかけることができる貴重なメンバーだと思う。

 

GWのSR配信は順位は4位で、フォロワー数は2位。お披露目フロントメンバー。候補生番号は1番。「ひらがなのエースポジション」。

 

 

齊藤京子さんは、ソニー系スクール出身で、歌、ダンス、声、キャラ、オーラ、ブログ、握手人気と総合力ではひらがなではトップで、GWのSR配信は順位は1位、フォロワー数も1位で結果を出している。

 

アイドルとしては驚異的なフィジカルとメンタルと知性の持ち主だと思う。

 

ラーメン部は、多くのひらがなメンバーと漢字欅メンバーの影響を与えているし、ソニー系の今泉さんとは特別な関係にある。

 

候補生番号は4番。「46」と「48」の「4」。お披露目裏Wセンター。

 

「齊」藤「京」子さんは「さいきょうキャラ」。「ひらがなのラスボス」だと思う。

 

 

佐々木久美さんは、歌、ダンス、トークなどのパフォーマンスレベルは高く、安定性があるタイプ。年長の高身長メンバーで「ひらがなのリーダーポジション」。

 

ひらがなのリーダーポジションを担当できるのは、経験と能力と人気の平均値の高さから、佐々木久美さんしかいないと思う。

 

GWのSR配信は順位は5位。お披露目フロントメンバー。

 

候補生番号は7番。「ラッキーセブン」。「運」の要素は強いと思う。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は「運」の要素が強いグループだと思うので、そのリーダーポジションを候補生番号7番の佐々木久美さんが担当するのは、わかりやすい。

 

 

高本彩花さんは、ひらがなメンバーの中では歌、ダンス、トーク、ルックス、身長、キャラは普通。握手人気はまあまあ。

 

高本さんは、ひらがな追加メンバーが入ると握手人気も「普通」になる可能性がある。

 

GWのSR配信は順位は2位、フォロワー数は4位。お披露目後列メンバー。候補生番号は6番。「46」の「6」。

 

GWのSR配信では、20万円以上使った超重課金者が出現して話題になった。

 

高本さんは、「謎の運営推し」がある。

 

偶然という「運」もあるのかもしれないけど、人気が出るように裏からフォローされている部分がある。

 

ひらがなメンバーでは全握で長濱さんと初めてコンビを組み、2推しや3推しをもらっている部分がある。この経験はその後の握手会ではプラスになったと思う。

 

「誰よりも高く跳べ!」のMVでは、弓道でソロカットで、体育会系メンバーで1人だけ1列目で、「ステマ」的に目立つようになっている。

 

ただし、高本さんは「誰よりも高く跳べ!」ではセンターではないし、MVでは井口さんが強烈に目立つため、わかりにくい部分がある。

 

高本さんは、「誰よりも高く跳べ!」のMVの効果で握手人気が上がった部分がある。

 

高本さんは、「僕たちは付き合っている」のMVでは2番手で、主人公ポジションで超優遇されているけど、センターは長濱さんだし、加藤さんや佐々木久美さんもMVでは目立っているし、井口さんも存在感があるので、やっぱり「ステマ」的になっている部分がある。

 

高本さんは、「隠れ運営推し」だと思う。

 

高本さんは、「普通の素人キャラ」で「ひらがなの隠しボス」。

 

基本的には「ストーリー外の存在」。

 

でも、いろいろな偶然と意外なことと「運」が重なり、「うっかりミス」で「覚醒」してしまう可能性がある。

 

高本さんは、ブログの誤字脱字は秋元グループではトップクラス。

 

秋元グループでは「普通の素人キャラ」は強い部分がある。

 

AKB48時代の指原さんは「普通の素人キャラ」だった。

 

 

ひらがなユニット(潮、加藤、齊藤、佐々木久美、高本)は、「ひらがなのダークホースポジション(潮)」と「ひらがなのエースポジション(加藤)」と「ひらがなのラスボス(齊藤)」と「ひらがなのリーダーポジション(佐々木久美)」と「ひらがなの隠しボス(高本)」で構成されている。

 

 

候補生番号では、佐々木久美さんが7番、潮さんが8番で「運」。加藤さんが1番で「エース」。齊藤さんが4番、高本さんが6番で「46」ということになる。

 

ひらがなユニットが、どんな曲になるのかは気になるところかも。

 

 

欅坂46の7月19日に発売するファーストアルバムは、秋元グループのファーストアルバムとしては新曲が16曲で、全40曲という革命的な作品だと思う。

 

SKE48の21枚目シングル「意外にマンゴー」は7月19日に発売するけど、人気と勢いと話題性がある欅坂46のファーストアルバムに新規ファンを持っていかれる可能性が高いと思う。

 

これはSKE48は、相当厳しいと思う。

 

 

「世界は、残酷なんだ」という感じかも。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

高本さんは、AKB48の総選挙は見ていたのだろうか。

 

2018年秋から、秋元グループでは「アイドルの世代交代」が始まると思う。

 

「ひらがなの隠しボス」の高本さんは、のんびりとお菓子を食べて、ぼんやりと寝そべりながら携帯をいじって、「おまけダンジョン」で黙って見ているだけだろうか。

 

高本さんは「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」という 「いつも同じパターン」だからなあ。