グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の絆は強いのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)の絆は強いのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

ひらがなは現在は12人で、兼任の長濱さんは特殊な立場で、GWのSRの個人配信オーディションは秋元グループでは初めて行われて厳しいものだったと思う。

 

合格後も欅坂46の人気に対して、ひらがなは兼任の長濱さんを除くと、ファンの一部から「いらない」とか「ブス集団」とか「かわいそう」とか賛否両論で批判も多かった。

 

欅坂46の曲と、けやき坂46の曲はMVの再生回数では強烈な差がある。知名度にもつながっている。

 

ひらがなメンバーは人数が少ないし、即戦力タイプや一芸を持っているメンバーが多いし、「外側に敵が多い」ので、一致団結しやすい部分があったのかもしれない。 

 

欅坂46(漢字欅メンバー)も一応「21人の絆」とかあるので、ひらがなも12人(実際は11人かもしれないけど)の絆はあるかも。

 

あと、ライブのレッスンなどでも一緒にいる時間が多いと思うし、仕事も協調性やチームワークが強くなるのかも。

 

欅坂46は21人という人数の多さがあるし、MVや音楽番組では、平手さんとその他いろいろというイメージが強い。

 

けやき坂46は、12人という人数の少なさと兼任の長濱さんがセンターという特殊な立ち位置のグループで、MVではセンターの長濱さんよりも他のメンバーが目立つことも多い。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「基本は同じ欅坂46の一員でありながら、別のグループとして活動していくという位置付けです。ただ、けやき坂46で頭角を現したメンバーが、欅坂46へ加入するといった動きはあるかもしれません」と言われている。

 

 

鳥居坂46というグループ名は事情があってダメになったらしい。

 
本当は、「けやき坂46」にする予定だったらしいけど、スタッフが間違って「欅坂46」と書類に書いて提出してしまったらしい。

 

それで、画数を調べてもらったら最高の運勢だったから、秋元康氏と相談したら「運」に賭けてみようという話になったらしい。

 

長濱ねるさんのためにグループを作る時に「アンダー」という言葉を使わずに、「アンダーグループ」 のけやき坂46(ひらがなけやき)という言葉を使ったらしい。

 

この話はホントかどうかはわからないけど。

 

ただ、運営と秋元氏が乃木坂46の2期生の人気と育成が微妙だったことを気にしていたという話は聞いたことがある。

 

それで、乃木坂46の2期生とは違った意味で、欅坂46の2期生ではなくて、「アンダーグループ」 のけやき坂46(ひらがなけやき)を結成したらしい。

 

 

欅坂46のお披露目人数が22人と握手アイドルとしては少なめだったし、その後辞退が出て、20人になって、長濱さんが途中加入した。

 

長濱さんの途中加入の経緯は、演出の要素があるなあと思ったけど。

 

21人では秋元グループの握手アイドルとしては人数が少ないと感じたし、新メンバーの募集は早いと思っていたので、「アンダーグループ」 のけやき坂46(ひらがなけやき)の話は、そこまで違和感がなかった。

 

まあ、「ひらがなけやき」という言葉の響きは気になったけど。

 

そして、「アンダーグループ」 のけやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーの募集がある。

 

まあ、少しずつ人数を増やすというのは、プランとしては初期の頃からあったのだろうか。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバーの応募から合格までの期間が短いので、その点はどうなるのかは気になる。

 

ひらがな追加メンバーは、即戦力タイプ(特に握手)が望まれているような感じもするので、セミプロ系でもハードルは結構高いと思う。

 

 

ひらがな追加メンバーが入ると、たぶんドタバタすると思うし、「新しい挑戦」や「サプライズ」もあると思う。

 

「試練」や「残酷ゲーム」の要素もあるような気もする。

 

今のひらがなメンバーは、「試練」や「残酷ゲーム」をSRオーディションや合格後の育成システムで経験しているので、ひらがな追加メンバーもいろいろと厳しいことを経験することになると思う。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、甘くないと思う。