グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

SKE48ゼロポジ生討論SP

「SKE48ゼロポジ生討論SP」があった。

 

まあ、これはプロレスだろうか。

 

台本はあると思うけど。

 

あくまで、番組の企画だと思うけど。

 

でも、SKE48はいつからこんなに暑苦しいアイドルグループになったのだろうか。

 

 

あんまり、昔のことは言いたくないけど、昔のSKE48選抜は元気さと清楚さがうまく融合したグループだったと思う。

 

昔のSKE48は今以上にギスギスしていたと思うし、理不尽さみたいなものがあったと思う。

 

でも、表向きのSKE48選抜は、アイドルグループとしてはそれなりにキラキラしていたと思う。だから女子受けしていた部分もあったと思う。

 


高柳明音さんがいなくなったら、SKE48はかなり厳しい状況になると思うけど。

 

来年の2018年は、SKE48の10周年なので、高柳さんはそれまではいるのだろうか。

 

高柳さんは芸能志向が強い人だし、事務所所属メンバーなので、他のメンバーとは違う部分がある。

 

 

秋元氏は「AKB48は素人集団」と言っていたと思うし、「AKB48は適当にダラダラやるのが面白い」と言っていたと思う。

 

だから、AKB48のメンバーがプロ意識が微妙だったり、リハも本番もゆるいのは仕方がないような気もする。

 

「AKBはダンスがゆるくて、バラバラ」というのは、昔から言われていた。

 

でも、それが個性があって、人気があった原因になっていた部分があるような気もする。

 

 

SKE48とAKB48はグループが違うので、必要以上に比較してはいけないと思うし、敵対しても意味がないと思う。

 

それに、SKE48はAKB48グループで総選挙も含めてAKB48関連仕事ももらっているので、必要以上にAKB48を批判するのはどうなんだろうか。

 

まあ、あくまでこれは番組内の企画で台本もあると思うけど、SKE48の場合は妙な熱さがあるので、ガチに見える部分も多い。

 

 

今のSKE48のメンバーの一部は、フラストレーションがたまりすぎかも。

 

SKE48はファンの一部も含めて、何と戦っているのだろうかと思うこともある。

 

SKE48だって、スキャンダル系の話は今でもあるし、なんとも言えない部分はある。

 

 

SKE48のメンバーなのに、必要以上にAKB48の選抜メンバーに対するこだわりが強い部分があるような気もする。

 

やっぱり、総選挙以外でもAKB48の選抜メンバーになりたいという気持ちが強いのかもしれないけど、それはSKE48というグループの限界も認めていると思った。

 

 

SKE48が第一党になっても、それでメリットはあるのかは疑問もある。

 

来年の2018年は総選挙は、指原さんと渡辺麻友さんが出ないと、珠理奈さんと須田さんが1位と2位になる可能性がある。

 

もし、宮脇さんが2018年の総選挙に出なかった場合は、かなり厳しいことになりそうな気もする。

 

その場合はAKB48総選挙選抜は、SKE48の色が強くなると思う。

 

SKE48は2018年秋に10周年だから、タイミングは良いかもしれないし、SKE48のファンは盛り上がるかもしれないけど、他のAKB48グループのメンバーやファンは「しらけムード」が強くなるかも。

 

それに、AKB48の外向けのイメージとしても、問題が出てくる可能性がある。

 

「フレッシュさ」にも問題が出てくる可能性がある。

 

 

個人的には、2018年の総選挙は宮脇さんが1位になってほしいし、NGT48やAKB48のメンバーにも頑張ってほしいと思っているけど。

 

宮脇さんはHKT48の色がそこまで強くないけど、珠理奈さんはSKE48の色が強すぎる。

 

2018年の総選挙のAKB48のセンターは宮脇さんの方が良いと思うけど。

 

2018年は、「乃木坂46の世代交代の挑戦」もあると思うし、欅坂46の勢いと人気もあると思うので、AKB48グループも世代交代が必要になると思う。

 

チーム8、NGT48、STU48も勢いが出てくるかも。

 

SKE48は、2018年秋の10周年で世代交代ができるとは思えない。

 

秋元氏が、今のSKE48に興味があるとは思えない。