グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

秋元康氏は、本当に作詞してるのだろうか

秋元康氏は、本当に作詞してるのだろうか。

 

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48と6グループもあって、さらに坂道46グループの乃木坂46と欅坂46の2グループで、秋元グループは8グループもある。

 

その他にも秋元氏の仕事量は、膨大だと思う。

 

普通の人間なら、精神的におかしくなると思う。

 

まあ、秋元氏は普通ではない。

 

 

まあ、AKB48グループと坂道46グループのシングルの表題曲は、秋元氏が作詞していると思うけど。

 

コンペの作曲家が作詞も行って、仮歌を作って、秋元氏がアレンジしている可能性はあると思う。

 

まあ、いろいろなパターンはあると思う。

 

コンペの作曲家は、秋元氏と仕事をすれば、いろいろとおいしい思いができるので、メリットは相当あると思うけど。

 

やっぱり、目先のあぶく銭よりも、コネや人脈や「おいしいポジション」の方が大事だと思うけど。

 

 

秋元氏の作詞は基本的には、作曲が優先だと思うけど。

 

それに秋元氏は「言葉遊び」の天才なので、全作詞を担当している可能性もあると思う。

 

昔から、膨大な量の作家活動は行っていると思うので。

 

1日でドラマの脚本を書くということもやっていたと思うし。

 

 

まあ、「元ネタ」に関しては、「構成作家」がいるかも。

 

「企画ネタ職人」は何人かいると思う。

 

ネタのリサーチスタッフは必要だと思うし。

 

完全な「ゴーストライター」ではなく、曖昧な作家はいるかも。

 

校正やチェックは、スタッフがやっている部分はあるかも。

 

 

まあ、その辺は「適当」な感じで、ぼんやりしていると思うけど。

 

別に悪いことでもないと思うけど。

 

 

「秋元康」という名前の存在が大きいと思う。