グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の「知性」について思うこと

けやき坂46(ひらがなけやき)の「知性」について思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、秋元グループの中では「知性」が一番高いかも。

 

兼任の長濱さんは、「優等生風ゆるキャラ」だし。

 

「外国語メンバー」がいるのが大きい。

 

影山さんも頭が良い人だと思う。

 

年長のリーダーポジションの佐々木久美さんと、ジョーカーポジションの井口さんが大学生なのがポイントが大きいと思う。

 

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

芸能界は、実力社会だと思うけど、「学歴」はあった方が、ないよりはいいかも。

 

「エンターテインメント業界」と考えると、「学歴」はあった方が良いのかも。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

加藤史帆さんは、白石麻衣さんと小嶋陽菜さんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

齊藤京子さんは、大島優子さんと高橋みなみさんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

 

「アンダーグループ」の加藤史帆さんと齊藤京子さんは、「オリジナル」よりも「学歴」が「上」だと思う。それは良いことだと思う。

 

これはポイントが大きいと思う。

 

加藤史帆さんと齊藤京子さんは「オリジナル」を超えている部分が、すでにあると思う。特に「知性」と「意外性」だと思う。

 

 

秋元グループでは、2018年秋頃から「アイドルの世代交代」があると思うので、「次世代メンバー」にはチャンスがある。

 

 

秋元康氏は、1958年5月2日生まれ。

 

「5月2日」なので、5+2=7。「7」はラッキーセブン。だから「運」。

 

坂道シリーズ「第2弾」の欅坂46の「絶対的センター」は、「平手友梨奈」さん。秋元氏の強烈なお気に入りメンバー。平手友梨「奈」さん。

 

AKB48の「第2グループ」であるSKE48の「松井珠理奈」さんは、秋元氏のお気に入りメンバー。松井珠理「奈」さん。

 

 

欅坂46の「絶対的センター」は、平手友梨奈さん。乃木坂46の生駒里奈さんとSKE48の松井珠理奈さんのハイブリッドタイプかも。

 

 

AKB48の「絶対的センター」は前田敦子さんだった。大島優子さんは、AKB総選挙で「絶対的センター」の前田敦子さんに勝って、AKB48のメジャー17枚目シングル「ヘビーローテーション」でAKB48で「革命」を起こした。

 

AKB48の「絶対的センター」の前田敦子さんと、「変幻自在のエンターテイナー」の大島優子さん。

 

 

けやき坂46の齊藤京子さん(候補生エントリーナンバー4番)は、お披露目裏Wセンター。

 

乃木坂46の3期生の山下美月さん(候補生エントリーナンバー4番)は、お披露目裏センター。

 

 

乃木坂46の3期生のエースの山下美月さん(候補生エントリーナンバー4番)は、前田敦子さんに近いオーラがあると思う。

 

AKB48の「公式ライバル」の乃木坂46のセンターは、6枚目シングル「ガールズルール」で生駒里奈さんから、白石麻衣さんに初めて交替している。

 

乃木坂46の3期生バージョンの「ガールズルール」のセンターは、山下美月さんが担当していたと思う。

 

 

加藤史帆さんは、白石麻衣さんと小嶋陽菜さんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

齊藤京子さんは、大島優子さんと高橋みなみさんのハイブリッドタイプの最新キャラ。

 

 

どう考えても、「アンダーグループ」の「けやき坂46」は相当ヤバいと思うけど。

 

「これは、なんか変」って、思うのが普通だと思うけど。

 

「歴史は繰り返す」だからなあ。

 

まさに、「革命は宿命」という「強烈なネタ」。

 

 

 

あれ?

 

 

 

高本彩花さんは「普通の素人キャラ」で、ブログは誤字脱字だらけだけど、「学業」の方は大丈夫かなあ。

 

GWのSR配信では「理系だけど、外国語大学に行く」って言っていたと思うけど。

 

 

高本さんは、秋元グループではブログの誤字脱字はトップクラスだと思う。

 

まさに、「誤字脱字キャラ」。

 

しかも、その誤字脱字が、神懸かっているときもある。

 

高本さんは、「おバカキャラ」ではないと思う。

 

トークもそれなりに上手いところがあるので。

 

「おバカキャラ」には、書けないブログが書けるところがあるので。

 

 

でも、18歳女子が「階段高速『一番』飛ばし」とか言っているしなあ。

 

高本さんは、「死ぬ気で努力する」とか「プロ意識云々」と言っているのに、心のどこかで「楽したい」という気持ちがあるかも。

 

 

高本さんは、頭がアレなところがあるからなあ。

 

 

「適当で、ミーハーで、チヤホヤされると浮かれて、調子に乗って、やらかす」。

 

「いつも同じパターンの爆レス」。

 

「死ぬ気で努力する」。

 

「驚異的な運」。

 

  

 

www.keyakizaka46.com

 

 

高本さんは、いろいろとアレなところがあるなあと思った。

 

 

 「理系だけど、外国語」は、世界の理系のソニーグループの「アンダーグループ」の「けやき坂46」の重要な構成ポイントかも。