グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)に「学ぶこと」についてなど

けやき坂46(ひらがなけやき)に、「学ぶこと」があった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「知性」と「センス」と「意外性」があると思う。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」。

 

秋元グループでは、新しいことに挑戦していると思う。

 

 

SHOWROOMのオーディションも、秋元グループでは初めて行っている。

 

これが「けやき坂46の原点」だと思う。

 

けやき坂46の1期生は、世界のソニーグループの「最先端」の「オーディション」と「育成システム」を体験していると思う。

 

 

この時点で、相当恵まれている。

 

 

「タップダンス」ができる秋元グループは、「グループ」としては他にあるのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、欅坂46の「アンダーグループ」だけど、「個性的な特殊技能集団」だと思う。

 

「タップダンス」も「特技」の一つになると思う。

 

特技や趣味は「ネタ」だと思う。

 

 

秋元康氏は、ラジオの放送作家出身。

 

だから、「ラジオ」と「ネタ」は重要。

 

秋元氏は、エンターテインメント業界の「企画ネタ職人」で、「アドバイザー(相談役)」だと思う。

 

秋元氏は、作詞家や作家でもあるけど、昔から「タレント的な活動」も行っている。

 

秋元氏は、「タレント兼スタッフ(作家・アドバイザー)」という特殊なポジションだと思う。

 

秋元氏は、SRのアバターもそうだけど、「ゆるキャラ」みたいなところもあるし。

 

イメージ的には結構ソフトなものがあると思うので、ネタキャラ的にもおいしい部分があると思う。

 

秋元氏は、黒いスーツを着ていることが多い。

 

秋元氏は、『黄金』の「運」を持った「黒いゆるキャラ」かも。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

エンターテインメント業界には、タレント(役者)兼スタッフ(ライター)という人は結構いると思う。

 

おそらく、今後のエンターテインメント業界では、このタイプは増えてくると思う。

 

 

「芸能界」とは考えずに、「エンターテインメント業界」と考えると、視野が広がると思う。

 

秋元グループでは、指原さんがこのポジションに近いと思う。あとはNMB48の須藤さんだろうか。

 

指原さんも須藤さんもブログSNSの使い方が上手い。センスや才能や能力だと思うけど、参考になる点はある。

 

指原さんや須藤さんは「タレント性の高い企画ネタ職人」に近いと思う。秋元氏もそうだけど。

 

坂道46グループは、女優路線やモデル路線が強いので、「タレント性の高い企画ネタ職人」が少ないような気もする。

 

 

「芸能界」とは考えずに、「エンターテインメント業界」

 

 

秋元グループのメンバーは頭が悪いというか、真面目すぎて頭が硬く、視野が狭く、極端な人が多いような気もする。

 

まあ、芸能人は極端な人が多いけど。

 

それが個性であり、キャラなのかもしれないけど。

 

 

秋元グループのメンバーは、「通信制高校」に通っているメンバーも多いと思うけど、なんで「通信制大学」に行かないのか疑問もある。

 

まあ、行っている人もいるのかもしれないけど。

 

まあ、忙しかったり、いろいろな事情があるのかもしれないけど、大学教育は間接的には「ネタ」の宝庫だと思うけど。

 

「心理学」や「経営学」や「外国語」など。

 

世界のソニーグループのコンセプトは、最先端の「アート(芸術)」と「ヒューマン・サイエンス(人間科学)」の融合だと思う。

 

 

「学業」と「健康」は、本当に大事だと思う。

 

 

先日、HKT48の某メンバーが大学をやめるという話を聞いた。

 

いろいろな事情があるのかもしれないけど、勿体無いなあと思った。

 

「通信制大学」に「編入や転入」すれば良いのになあと思った。

 

通信制大学の場合は、自己管理能力が高くないと卒業が難しいらしいけど。

 

やっぱり、大学卒業の肩書きはあった方がマシだと思うけど。

 

それに芸能人なんだから、大学の場合は1~2年卒業が遅れても、別に問題がないような気もするけど。

 

芸能人なら、一般の人とは違って「斜め上(⊿)」に行くのは、ひとつの考え方だと思うけど。

 

場合によっては、意外なコネや人脈が手に入る可能性もあると思うけど。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)に「学ぶこと」は、「知性」と「センス」と「意外性」だと思う。

 

「発想の転換」が大事かも。

 

坂道は、「⊿(斜め上)」ということで。

 

まあ、斜め上から目線はあんまり良くないと思うけど。

 

それから、「運力」の上げ方。

 

 

秋元氏は、「自分は『運』が良い」と「思い込むこと」を大事にしているらしい。

 

世界のソニーグループは、「運力」の研究を創業者の井深大氏や「CD」を開発した上席常務の「天外伺朗」氏が行っている。

 

「天外伺朗」氏は、「どうせ死ぬなら、理想的な死に方をしたい」と、「思うだけ」で、死を避けていた気持ちが少し軽くなり、生きている瞬間が輝いてくると言っている。

 

「死ぬ気で努力する」とは、そういうことかも。

 

 

個人的には、「けやき坂46」にはいろいろと学ぶことが多いので、本当に感謝している。

 

 

たぶん、「けやき坂46」のメンバーは、「24部完売メンバー」が重要だと思う。

 

あくまで「アンダーグループ」なので、「24部完売メンバー」が「適当」だと思う。

 

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

けやき坂46の高本彩花さんは、「握手要員」で「ブログネタ職人」。

 

高本さんは、「アンダーグループ」の「末席の取締役」だから、本当に「おいしいポジション」だよなあ。