読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

AKB48と乃木坂46は、グループ企業のようなものなのだろうか

AKB48と乃木坂46は、ライバルではなくて、グループ企業のようなものなのだろうか。

 

AKB48グループと坂道46グループは「秋元グループ」だと思う。

 

大人数で握手会でCDを売っているので。

 

大人数選抜方式とかキャラとかポジションとかその他いろいろと同じ。

 

世間的には、秋元グループに対する批判はかなり多いと思う。スキャンダルもあったし、事件もあった。

 

テレビの音楽番組では「人数が多すぎる」という嫌悪感は一部の人は結構あると思う。

 

エンタメなので、好みの話だと思うし、嫌なら見なければいい話だと思うけど、秋元グループや握手アイドルの社会的な影響力は無視できない点もあるかも。

 

 

乃木坂46は、AKB48の「公式ライバル」という「設定」になっている。

 

乃木坂46には「私たちには、超えなければならない目標がある!」というスローガンもあるけど。

 

乃木坂46はコードネームが「シャドー (shadow)」 で、AKB48の「シャドーキャビネット(shadow cabinet)」として存在しているらしい。

 

乃木坂46は、AKB48の「影の内閣」らしい。

 

AKB48は総選挙とか組閣とかやっているので、間接的には政治関係のネタもあるのかも。

 

 

乃木坂46はデビュー当時からAKB48のお世話になっているし、AKB48関係の仕事は今でもたくさんやっていると思う。

 

「交換留学」や「坂道AKB」とかやっているし、その他にもたくさんタイアップ企画をやっている。

 

 

「けやき坂46」の佐々木久美さん、高瀬愛奈さん、柿崎芽実さんが、5月19日放送のNHK-FM「AKB48の“私たちの物語”」に登場するし。

 

 

あくまで、秋元グループ内の「ネタ」だと思うけど。

 

秋元氏は放送作家出身だし、「アイドルはフィクション」だと思う。