読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき) の井口眞緒さんの「革命」について

けやき坂46(ひらがなけやき) の井口眞緒さんの「革命」について思うことがあった。

 

こんな記事を書いた。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

井口さんは握手人気ではわからない人気が、確実にある。

 

だから、今後はチャンスがある。

 

ポジションも関係ない。

 

井口さんは、坂道46グループが弱いバラエティに強い部分がある。

 

けやき坂46のMVでも重要な役割を担当している。

 

 

「誰よりも高く跳べ!」のMVでは、MVP級の活躍をしたと思う。あのMVは井口さんがいないと成立しない部分がある。

 

有明の欅坂46のコンサートでも、けやき坂46の「革命」のMVPだったと思う。実際に「けやかけ」のMCの土田さんも絶賛していた。

 

井口さんはいわゆる「おバカキャラ」ではない。

 

井口さんは「秋元真夏さんと同じ大学で、アナウンサースクール受講経験」があり、トークも上手いところがある。さらに絶叫マシーンとお化け屋敷も大丈夫なタイプで根性もあると思う。

 

井口さんは、不器用かもしれないけど、「知性」と「丁寧さ」があると思う。

 

 

「けやき坂46」は、Zepp Namba公演で「革命」を起こす必要がある。

 

大阪といえば、「笑いの聖地」。

 

まさに、「エンターテインメントの中心部位」。

 

この「パターン」は、「2016年の欅坂46の有明のコンサート」と「同じパターン」。

 

井口さんには、チャンスがあると思う。

 

 

個人的には、井口さんが個別握手会で「24部完売メンバー」になれば、「けやき坂46」は「革命」を起こすと思う。

 

それには少し時間がかかると思うけど。

 

今は、欅坂46の全国握手会で、漢字欅メンバーのファンの2推しや3推しや「認知」をもらった方がいいかも。

 

そこには、「知性」と「意外性」が必要だと思うけど。

 

 

基本的には、ひらがなメンバーは、漢字欅メンバーの「おこぼれ」をもらっているグループだと思う。

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、坂道46グループのファンの2推しや3推しをかき集めるイメージだろうか。

 

だから、「けやき坂46の1期生」は、「ひらがな増員メンバー」にも自分のファンをあげるくらいの「器の大きさ」は必要だと思う。

 

 

たぶん、「与えるものは、与えられる」と思う。

 

 

ソニーの設立趣意書には、「一、真面目ナル技術者ノ技能ヲ最高度ニ発揮セシムベキ自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場の建設」と書いてある。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき) の井口眞緒さんの存在は、本当に重要だと思う。

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

世界のソニーグループは、「総合エンターテインメント企業」で、坂道46グループを「エンターテインメント事業」の中核として考えている部分があるらしく、坂道46グループの「発展に未来」をかけているらしい。

 

 

「けやき坂46」は、「エンターテインメント集団」を目指す。

 

 

2016年5月8日は、「ひらがなけやき」の結成日。

 

1946年5月7日は、ソニーの創立日。

 

 

「46」と「運」の力があるような気もする。

 

 

「アンダーグループ」の「けやき坂46」は、相当ヤバい。

 

 

www.keyakizaka46.com