読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「噂のプロジェクト」なのだろうか

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「噂のプロジェクト」なのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

こんな記事を書いたけど。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

個人的には、秋元康氏は、『黄金』の「運」を持っている人だと思った。

 

これは、衝撃だった。

 

トンデモないことだと思うけど、秋元氏だと妙にリアルなところがある。

 

 

「アンダーグループ」なので「けやき坂46」というのは、「マル秘」の「極秘」の「噂のプロジェクト」かも。

 

 

秋元氏の「言葉遊び」のレベルは、普通ではない。

 

フィクションを超えている部分がある。

 

そういえば、高本さんはGWのSR配信で「絵しりとり」をやっていたと思う。

 

 

まあ、「連想ゲーム」の一種かも。

 

 

「エンターテインメント業界」の「おいしいポジション」には、「企画屋」と「相談役(アドバイザー)」があると思う。

 

秋元氏は、自分のことを「広告代理店マン」と言っていたこともあるけど。

 

「企画屋」というのは、構成作家も含まれると思うけど。いわゆる企画原案ネタ職人。

 

 

「相談役」は、基本的には一般企業では社長などの重役の引退ポジションだと思う。「顧問」などもあるけど。

 

 

ただ、大企業でも、遊び人のトンデモ系の相談役(アドバイザー)が結構いるし。

 

そういう人は、「金」よりも、「おいしい地位(ポジション)」と「運気」が大事と言っていることもある。

 

スピリチュアル系のインチキ占いみたいものなどで、大プロジェクトの企画を見つけることもあるらしいし。

 

 

「企画屋」と「相談役(アドバイザー)」というのは、今後の「エンターテインメント業界」では、本当に「おいしいポジション」だと思う。

 

 

「アイドルプロデューサー」を目指すアイドルもいるみたいだけど、自分自身がアイドルとして結果を出さないと厳しいものがある。

 

 

今後のアイドル業界の「企画屋」や「相談役(アドバイザー)」は、本当に「遊び心」が必要だと思うし、「適当」で「ミーハー」で、「センス(感性・感覚)」が必要だと思う。

 

オーディション方式や「育成システム」の作成も重要だと思う。

 

 

ソニーミュージックの「アーティストマネージャー」は「変人、募集中」とか言っているからなあ。

 

「しつこさ」の重要性とか言っているらしい。

 

 

高本さんは、今はひらがなの中では「普通の素人キャラ」かもしれない。

 

でも、ひらがな増員メンバーと今後の「けやき坂46」では、「ひらがなの相談役ポジション」かも。

 

そして、「けやき坂46」の「革命」が成功すれば、坂道46グループの「特別アドバイザー」かも。

 

AKB48グループの指原さんが「支配人」なら、高本さんは「アンダーグループ」の「裏の相談役」かも。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

総合エンターテインメント企業の相談役には、本当に「遊び心」が必要だと思うし、「適当」で「ミーハー」で、「センス(感性・感覚)」が必要だからなあ。

 

 

齊藤京子さんは、「ひらがなの総監督」だから、「アイドルグループの顧問ポジション」も狙えるかも。

 

 

今の世の中は、「副業」も大事だと思う。

 

 

やっぱり、エンターテインメント業界では好きなことをして、楽しく生活するためには「おいしいポジション」は大事だと思う。

 

 

www.keyakizaka46.com

 

 

「笑顔」、「愛嬌」、「優しさ」、「感謝」が、「運」が良くなるコツかも。