読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の 「46」の構造的な話などについて

けやき坂46(ひらがなけやき)の「46」の構造的な話などについて思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」で、「ひらがな」だから「わかりやすい」部分もあるけど、ソニーのSDの育成システムとオーディションのように「複雑で難解」。

 

 

まず、①「ひらがなけやき」という「チーム」か。

 

次に、②「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46の「アンダーグループ」。

 

そして、③「けやき坂46」という「グループ」だろうか。

 

 

まあ、いわゆる「3段オチ」の「鉄板ネタ」かなあ。「いつものパターン」。

 

 

 

AKB48は世間的には賛否両論だけど、「国民的アイドルグループ」と言われるのは、「ヘビーローテーション」と「恋するフォーチュンクッキー」と「365日の紙飛行機」の「3曲」の影響が大きいと思う。

 

 

「365日の紙飛行機」は、NHKの朝ドラ「あさが来た」の主題歌で、NMB48の山本彩さんがセンターという特殊な曲だと思う。

 

NMB48は、AKB48の「第3グループ」。

 

「365日の紙飛行機」は、2015年12月9日発売のAKB48のメジャー42作目シングル「唇にBe My Baby」のカップリング曲。

 

「メジャー42作目シングル」の「カップリング曲」だった。

 

「365」。「3」、「6」、「5」。

 

山「本彩」さんは、「漢字」が「3つ」。超人気メンバー。

 

高「本彩」花さん、「けやき坂46」の「6番」。

 

山「本彩」加さんは、NMB48の「5期生」。推され若手メンバー。

 

 

「本彩」で共通している。

 

山は「さん(3)」で、山本彩さんと山本彩加さんの2人。

 

3×2=6。

 

「高」本彩花さんは、「けやき坂46」の「6番」。

 

 

高本彩花さんは、やっぱり「持っている人」だなあ。

 

 

2016年の紅白のAKB48の選挙企画では、総投票数で、ソニー系「46パワー」が炸裂した。

 

NMB48は、運営の構造が変化して、ソニーの影響が強くなっているらしい。

 

 

欅坂46の「3枚目シングル」の「二人セゾン」のカップリング曲のけやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」のMVでは、基本的には1列目と2列目のポジションがあって、1列目の長濱さん、柿崎さん、加藤さん、佐々木久美さん、齊藤さんの5人が「制服組」の「文化系」。2列目のメンバーは「体育会系」。

 

そして、高本さんは1列目のメンバーだけど、「弓道」で「体育会系」。ソロカット有。

 

 

AKB48は、「劇場」。乃木坂46は、「劇団」。

 

AKB48は、「体育会系」。乃木坂46は、「文化系」。

 

AKB48は、秋元氏の放送作家のノウハウの要素が強い。乃木坂46は、秋元氏の作家性が強く出ているらしい。

 

けやき坂46は、AKB48と乃木坂46の2つの要素を融合したところがある。

 

高本さんは、けやき坂46の「中心人物」だと思う。「普通キャラ」だし。

 

この「フラグ」はこのブログでは、いろいろと書いてきた。

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

まあ、AKB48の「第3グループ」のNMB48の山本彩さんは吉本系で、身長が低めで、握手人気があり、歌が上手いので、キャラ的には「けやき坂46」の「4番」で、現在のけやき坂46では兼任の長濱さんを含めると握手人気「3番手」の「カオスキャラ」の齊藤京子さんが近いと思う。

 

 「46」は圧倒的に面白いなあ。